12/26-31, 2017  2016年の終わりに『Rent』

皆様、明けましておめでとうございます!今これを書いているのは2017年の仕事始めですが、2016年最後となる週報を、昨年を振り返って書きますね。7日間でくくれば12/26-1/1となってしまうので、ここは31日までの6日間にしました。   クリスマスも終わった年末の週、数ヶ月前から楽しみにしていたミュージカル『レント』を観てきました。



日本では、ミュージカルの来日公演というと夏が多い中、『レント』はクリスマス・イヴから始まる物語なので、ちゃんとタイミングを合わせたさすがの20周年記念ツアーです。感慨深いです。もう20年か…と。   私は、2000年頃にセバスチャン・バックが主演したブロードウェイ・ミュージカル『ジキル&ハイド』にハマったため、当時出来る限りニューヨークに通っていました。以来、ヒュー・ジャクマンの『Boy From OZ』やリバイバルの『コーラス・ライン』や『42nd Street』に夢中になっていた頃、初めて『Rent』も観たのでした。まだ、マンハッタンのヒルトン系ホテルに200ドル台で宿泊出来ていた頃ですw   当時『Rent』を観た時は、なんだかとても新しいミュージカルだ!って思ったのを今でもよく覚えています。『ジキル&ハイド』や『Boys From OZ』はあくまでも主演俳優が目玉なので別として、確かに『コーラス・ライン』や『42ndストリート』など、王道モノのリバイバル上演に夢中になっていた身には、『レント』はとても斬新な、躍動感溢れる「現代」の作品でした。   日本人としては、ドラッグやAIDS問題をあまり身近に感じることは出来ないながらも、恋に落ちたり、夢を目指しながらも挫折したり、現実に絶望したりする若者の姿は十分共感出来、そこに生と死が絡む重さも備えた『レント』は、だからこそ「今」が大切だと教えてくれたのです。



その後『レント』は映画になり、オープン時に実際にブロードウェイに出演していたイディナ・メンゼルが映画にも出演していたのが嬉しく、DVDは何回観たことか!2015年の来日時は『アナ雪』のレリゴーが大ヒットした後だったので、世間ではほとんど「アナ雪の人」扱いでしたが(そのおかげで来日出来たのなら有り難いことですけど)、私は初めて『レント』オリジナル・キャストのナマ曲を聴けて大満足でした。   話が逸れたので『レント』20周年記念公演に戻ります。今回のキャストはもちろん、現時点で最高のインターナショナル・ツアー・メンバーなので素晴らしかったです。モーリーン役も、ミミ役も、しっかり魅せてくれました。楽曲は全て知っているわけだし、楽しめないわけがありませんw   ただ…、20年という年月に、『レント』に対する感覚がすっかり変わってしまったことに戸惑いました。『コーラス・ライン』や『42ndストリート』まで古くなってしまえば、それはそれでブロードウェイ・クラシックとして、永遠に楽しむことが出来ます。でも、『レント』は「今」を大切にしよう!という躍動感溢れる若者の物語で、私にとって現代劇だったのに、実際には今時公衆電話なんて使わないし、第一留守電マシーンなんて今の若者は知らないでしょ。(特に日本では始めから留守番機能が付いた電話が普及したので、そもそもプレーンな電話に接続する留守電マシーン(Answering Machine)なんて大人でも海外映画の中でしか見たことが無いかもしれないし)そして、もはやAIDSはイコール死の病ではなくなっています…。もう全然、現代劇ではなくなっているんですね。   そう、20年前の「現代」は、「現代」の「現代」ではなくなったんだ…と、なんだか複雑な思いに駆られ、ややこしいながらもシンプルに時の流れを感じたのでした。   そんなこんなの年末、2016年最後に見た映画は季節外れにスリラーでしたw  『ドント・ブリーズ』。怖かった〜!



貧富の差が激しいデトロイトの、「貧」のエリアに生きる若者たちが軽い気持ちで悪に走り、その挙句バツを受ける…的なストーリーに思えましたが、実際は誰が善で誰が悪なのか、分からなくなってくる。好きで悪になったわけではなく、本人的にはそれぞれ正当な理由があったりして。でも悪は悪だしね…だからフクザツ。   本当の悪者って何なんだろう? そんな人はいないのでは? 観る側が大人なら、要するにそうさせた社会が悪いのかもしれない…なんて思わせるし、観る側が若かったら、悪い事する時は慎重にならないとね…なんて妙に教訓になるのかもしれない、意外とすごく奥の深い作品でした。うん、後になれば結構面白かったと言えます。でも、観ている時はひたすらこわ〜い!!ww  そして生きていくのに必要なのはタフさと幸運だ!ってつくづく思いましたw   世間の会社が仕事納めをした頃、毎年恒例となった仲良しグループとの忘年会がありました。なぜか、毎年決まって忘年会は蟹なんですよね❤️ いつも同じお店に行くのに、今年は初めて個室を用意してもらい、「これは騒げるね!」とはしゃいでいたら、今年はすっかり集合写真を撮るのを忘れてしまい、最後は蟹のアップ写真をww



チリ・クラブです❤️ 全然辛くなくて、むしろ甘いと感じてしまうほどです。なぜなら…、一緒にブラックペッパークラブも戴くからです❤️



こちらは真っ黒!黒胡椒が効いた蟹はやみつきになります。あ、だから私達これを食べないと年を終われないのかもww 蟹を食べると、どうしても皆黙りこくってしまうんですよね。蟹をほじくるのに必死になってしまうからw    …と、無事に2016年が終わりました。秋からずっと体調悪かったのも、やっと12月中旬頃から落ち着きを見せ、すっかり2016年に悪い調子を置いてきた感じがします。皆様はお正月楽しみましたか?今年は少し短かったですが、またすぐ三連休ですからね!是非、昨年のミート&グリート写真を振り返ってみて、良いのがあったら見せて下さい。お待ちしています。それでは皆様、新年もどうぞよろしくお願い致します❤️          

最新記事