3/24-30, 2008 週報

某夜、アリス・クーパーのライヴに新木場コーストへ行った。たまたま最近ライヴが続いているが、アリス・クーパーなんて18年ぶり。しかももう二度と見ることは出来ないだろうととっくに思っていたので、ここは行っておかなきゃと思った次第。STより1ヶ月早く今年還暦を迎えたばかりのアリスは、いやあさすがでした。

まずルックス。元々オドロなアイ・メイクをする人なので、しわが増えてても判らないっていう利点があるものの、まったく体型が変わっていないのがさすが。オープニング、いきなりスクリーンの向こうに立ち逆光でシルエットを浮かび上がらせるなんて、往年の洋楽ロックスターではかつてならフレディー・マーキューリー、今ならSTくらいだ。絶対アクセルには出来ないやね(苦笑)。

次にその変わらぬエンターテインメントぶり。19年前にMCAからエピック移籍第一弾で一世を風靡したデズモンド・チャイルド・プロデュースのアルバム『トラッシュ』を出し、その翌年同名ツアーで来日したのだが、そのライヴを観た時生まれて初めて『ロック・ショウ』という物を観た気がした。アリス・クーパー一座の座長が彼であり、ステージでは座長を中心としたミュージカルが展開されるのだ。大袈裟に言えば、ブロードウェイの『ロッキー・ホラー・ショウ』やミュージカル『トミー』とアリス・クーパーのライヴとがどう違うと言うのか。こっちにはタイトルが無いだけだ。ただそんな大掛かりなショウを、新木場コーストのステージでどうするのか、少しだけ不安もあった。

が、そんなの杞憂。ギロチンは絞首刑台になっていたがそれはそれで面白いし、その他、バックステージでの模様を写し出す大きな数台のテレビ・モニターは無かったが、十分楽しく変化ある刺激的なショウが繰り広げられた。『デッド・ベイビー』では赤ん坊に杭を打ち(!)、『スクールズ・アウト』では観客の頭上に巨大な風船をいくつも飛ばして学校が終わり夏休みに入った楽しさを表現し、『ビリオン・ダラー・ベイビー』ではアリスの顔入り偽札を観客に向かってバラ捲く。じゃあ『ポイズン』で毒を蒔くのか?ってちょっと期待させたがもちろんそれは無く、が、ラスト、『エレクテッド』では選挙をもじりブッシュとヒラリーを戦わせた。(アリスは共和党支持らしい)

とまあ、まさか人生でもう一度観ることが出来るとは思っていなかったアリスのライヴは相変わらず非常に楽しいものだった。が、片や、自分はやはりアリス・ファンというよりは、デズモンド・チャイルドのファンだったのだな〜と、ふと、思った。

あの80年代後半から90年代にかけて。全世界を熱病にかけたBon Joviの『ユー・ギヴ・ラヴ・ア・バッド・ネーム』や『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』などの産みの親がデズモンド・チャイルドで、元々KISSの『ラヴィンユー・ベイビー』を書いていたデズモンドはその後エアロとも仕事し、その繋がりで、デズモンド・プロデュースのアリスのアルバム『トラッシュ』にST、JP、トム、ジョーイも参加していて話題になったのだ。

そんなつながりで当時私も初めてアリスのアルバムを買ってハマったのだったが、今2008年になって過去40年を振り返るアリスの総合的なライヴを見ると、アルバム『トラッシュ』を中心とした内容だった18年前のトラッシュ・ツアーの方が楽しかったな〜と、ちょっと回顧調になってしまった。

と、元気だったのはその辺まで。水曜・木曜と喉の痛みに慌て、金曜には朝からの重い頭痛で一日ろくに仕事も出来ず、ついに土曜に発熱。で、日曜日に予定していたX Japanのライヴは諦めることになった。せっかく「生まれて初めて買ったレコード(シングル)がX!」というスタッフBと一緒に行こうと盛り上がっていたのに。実はスペシャル・ゲスト・ギタリストとして、Luna SeaのSUGIZOが出ることになっており、その繋がりでチケも取って頂いていた。きっと良い席だっただろうに〜(泣)。(あとで聞くと花道脇だったとか!)え〜ん、SUGIちゃん、見たかったよ〜ん!!なんていう私に、Xのバチが当たったんであろうか・・・(涙)。

うちではトップを親しみ込めて「社長」なんて呼んでいるが、あちらの関係者の間では、例の失神してしまうトップのお方を「殿」と呼んでいるらしい。今回もギリまで殿が「来日」せず、殿抜きでのリハで大変だったそうだ。絶頂期、殿はケータリングのカレーが「辛過ぎる」ってことでおうちに帰ってしまった(=ライヴはキャンセルね)こともあるらしい。皆さん、若い時っていろいろヤルのね。ま、ドラッグ絡みぢゃないところが、日本の可愛いところかしらん。

最後に愚痴2つ。タ◯ー◯は酷い!カフェ・ラテのグランデを頼んで、出来た物を受け取ったらめっちゃ軽かった。アレ?と思いながらもはちみつを入れようと蓋を開け、ちょっとスプーンでほじってみたら・・・コーヒーなんて下の方に1センチくらいしか入ってない!あと全部泡!「これ、ほとんど泡ですけど。いつもと違いますよね」と言ったら、「ハイ、ではすぐ入れ替えます」って同じヤツが(怒)。お前が作ったんだろ!「やっぱ、バレたか」的。信じられない!ス◯ー◯ック◯ではラテのフォームは上に5ミリ程度って決まっているし、誰が作っても絶対同じだよ!もう絶対タ◯ー◯なんか行くもんか!

そして遂に決着がついたポールの離婚訴訟。32億円(+約15億円分の資産)で強欲ヘザーは不服と言っているそうだ。確かにポールの総資産はその何倍、何十倍もあるかもしれないけれど、結婚生活たった4年間だよ!!しかもこれとは別に、毎年養育費として別に700万円だって。これだけで普通家族4人が暮らしているのに。「これじゃあマトモに暮らせない」ってあんた、ただで豪邸に暮らし遊んでて毎年700万。他にど〜んと一気に一括32おくっ!!!

元々結婚詐欺師のヘザー。詐欺罪で実刑を食らってムショから出て来た実の父親が「あの子は生っ粋の詐欺師だ」と言っている。ああ、誰かヘザーを殺してくれ。ステラ!裏に手を回せ!訴訟が決着付くまでは何かあったら怪しまれるし、直後も不味いだろうが・・・あと数年のうちに。ポールが元気なうちに。ファッション界にはイタリアン・マフィアのお知り合いがいっぱいいるし、自分達アイリッシュ系はニューヨークの警察のメインブラッドだから、ちょっと証拠残っちゃっても揉み消してくれるよっ!!やれ!ステラ!!

・・・・と、スミマセン・・・まだ熱が完全には下がっていないもんでちょっと過激に走りました。ああ、STが今後ヘザーみたいな女に引っ掛からない事を切に願います(きっとSTは大丈夫だろうけど)。では皆様、季節の変わり目、風邪には十分お気をつけ下さいませ〜。

最新記事