1/29-2/4, 2018 『パリジェンヌ展』とSugiちゃんおかえり!と『RAW』

この週のハイライトはなんと言っても週末のLuna Seaホールツアー初日(結果的に)となった川崎公演だったのですが、Luna Seaライヴのことは過去何度も書いているので、まずはその前の週末に行った世田谷美術館の『パリジェンヌ展』のことを。 世田谷美術館は、新玉線いやw、田園都市線の用賀駅から歩いて15分程。世田谷区の砧公園の中にあります。超昔、フィレンツェ・ルネッサンス展で一度だけ行ったことがあって、あれはいつだっただろう?と思い調べてみたら、なんと1991年のことでした!正しくは『フィレンツェ・ルネッサンス 芸術と修復展』。ひゃあ、27年も前のことですよ。愛するフィレンツェのことですから内容は良かったに違いありませんが、とにかく遠いな〜と思った記憶だけが残っていましたwwもちろん、道順など覚えているはずもなく今回は友人任せww ほぉ、こんなところか…と砧公園の入り口からちょっと感動。前の週に降った雪がまだいっぱい残っていました。とにかく人がいないからか、非常に広々としていて、つくづく世田谷区の大きさを感じたりして。頭の中のBGMはバングルスの『冬の散歩道』!イエィ!『レス・ザン・ゼロ』だ❤️ 我が青春❤️wwwww 私はパリやパリジェンヌに憧れることには縁の無い人生を歩んできましたが、昨年初めてくまなくゆっくり、ほぼ全てを堪能したと思っていたボストン美術館が、実はこのパリジェンヌ展に展示される作品は既に展示されていなかった訳なので、今回はボストン美術館コンプリートのつもりでした。とはいえ、元来の旅好きとしてパリは何度も行ったし、フランスも大好きなラテン系なのでとにかく食べ物が美味しい!ボストン美術館展だというのに、やっぱり鑑賞後はまたパリに行きたくなってしまいました。そういえばつい最近パリに行った知人が、セーヌ川の水位が物凄く上がっていて、セーヌの遊覧船が中止になっていたと言っていました。それはそれで貴重な経験ですよね。ボストン美術館の作品…という話に戻ると、嬉しかったのはこの2点。ジョン・シンガー・サージェントと、ウィリアム・モリス・ハントの作品です。この二人のパリジェンヌに向かって「会えて嬉しいです」と語りかけました。 絵画の中のパリに住む女性たちの髪型やドレスなどのファッションに目を向けながら、18世紀→19世紀→20世紀…と時代の変遷に沿ってしなやかに生きる女性たちに目を向けた美術展は、なかなか興味深いテーマを試みたのだなと思いました。それを全て一つの美術館所蔵の作品でやろうとしたことがスゴイ。それでも、ボストン美術館からフランス女性の肖像画を全て借りることは不可能でしょうし、作品数を充実するためか、関連としてティーセットなどの食器や、実物のドレス類、ポスターや写真などもあり、私には少し散漫な雰囲気が感じられました。いやでももちろん、どれもとても興味深かったです。ともあれ世田谷美術館ということで、一番の短所といえる場所の不便さ・遠さが逆に、入館前から、そして鑑賞中も、ゆったりとした気分で美術展を楽しませてくれる一番の長所でもあることに気づきした。それでも春休みになればそれなりに混むと思うので、寒いうちにぜひオススメです! そしてLuna Seaですよ。クリスマスに埼スパで観たばかりとはいえ、なんと言ってもホール・ツアー。一体何年振りだろ? なんて思っていたら、友人が「終幕以来?」と。あ〜、終幕の時一緒に金沢まで行ったね〜ww 一泊して、街中ウロウロしてから兼六園に行ったらもう閉園時間で入れなくて、でも翌日永平寺観光とかもして、とても楽しかった思い出です。…と話は逸れましたが、あの時の金沢会場以来のホール公演?(私と友人にとって)となれば18年ぶりです。いや〜、もうすっかりホールがどんな感じか忘れていましたよwww ライヴが始まってもうびっくり!めちゃくちゃよく見える!!!!wwww 肉眼でバンドの表情まですっかり見えるんですね!ホールって!いや〜❤️INORAN(って、全員が見えるのだけどw)の表情がず〜〜〜〜っと見えましたwwww 私がLuna Seaを大好きになったきっかけになった『In Silence』も超久々にライヴでやってくれたし(この曲でのSUGIちゃんギターは神です)、アコギのINORAN, バイオリンのSUGIZO,そしてRYUICHIの3人だけの『I For You』新アレンジがとても良かった❤️ 私の神曲である『Tonight』の感動が少し薄れましたwww先週、SUGIちゃんファンの友人に「SUGIちゃん、インフルで初日公演延期だってよ!」とメッセ送り、お互いにめちゃくちゃ自分勝手ながら「来週の川崎までには復帰してくれますように!」と祈っていました。…からの〜川崎初日でした(土日川崎なので、私たちが行ったのは2本目)。すっかり治ったSUGIちゃんに、終演時に最前のファンがメッセージのバナーをプレゼントし、喜んだSUGIちゃんがそれをアンプに貼っていましたww そうそう、最前が取れたら、バナー用意するのは一種の礼儀よねwww あ、ごめんなさい、撮影禁止の中撮っちゃった。でもライヴ中は撮りませんでしたから!! ということで超盛り上がった週の一本は、あ…カミングアウトしてしまおう。『RAW』です。 変態趣味とでも何でも呼んでくださいw ダリオ・アルジェントを崇拝していたし、ホラー、不気味作品大好きなのだwww でもそんな作品は長くは上映されない…と分かっているので、同じ趣味の友人と公開日に行きましたww 21:30からの回だというのに、シアターの席は7-8割かた埋まっていました。ほらね、結構同じ趣味の人っていっぱいいるのよねwwwどう変態か、どう不気味なのか…などを書いてしまうとネタバレになるので書かないけれど…これ、フランス映画なんですよね。だからなんかチンタラと言うか、ソフトフォーカスがかかっていると言うか、え?これで衝撃受けて途中退場するの?って感じでした。一緒に観た友人も「これがアメリカだったら、もっとしっかり見せてくれるよね」と。私もそう思ったけれど、そうなると単なるゾンビ映画と同じになってしまうのかな?まぁ、実際観てみないことには分からなかったことなので観てスッキリで良いのだけど、いや、スッキリか?と言えばよく分からないのだけどwww これもある意味パリジェンヌってことでwww ともあれ私は、昔からナマモノは一切食べません。シーフードは調理したものだけ、ステーキはウェルダン・プリーズ。ナマモノを食する皆さま、お腹を壊さないようにね!!!wwww

最新記事