10/15-10/21, 2012 週報

ついにアルバム発売まで1ヶ月を切り、にわかに周囲がざわついてきた今日この頃。AF1ニュースも曲紹介などが始まり、今日までに3曲。ボートラ抜きであと12曲分か…と腹をくくっているスタッフです(苦笑)。ボストンとのやり取りも時差の関係から深夜に及ぶことが多く、忙しくなるとどうしても夜型になってしまいます。ニュースの配信が深夜でご心配お掛けして申し訳ありません。「ああ、AF1スタッフがノッているんだな」とお考え頂ければ幸いですww

そんなわけで、日々ニューアルバムに関する情報が増えていく日々ですが、なんのアナウンスも無いまま、ひっそりと変更となったこともあります。ソニーのエアロ担当者N氏が教えて下さったのですが、いつの間にかジャケ写も変更になっていたのです。これがあまりにマイナーなチェンジの為なかなか気づいた人は少ないらしく、まだ最初の写真のままのところも多いとか。でもよく見ると沢山のチェンジがあって、まるで間違い探しみたいで楽しいです♪製品として皆様のお手元に届くのは新しい方となりますので、ボツとなった貴重な写真と最新のものを見比べて、是非間違い探しを楽しんで下さい。

10/2ご案内の新譜情報&旧ジャケ写

http://aeroforceone.jp/aefo1news/aefo1news121002mfadjapanverinfo.html

 

本日アップの最新新譜情報&新ジャケ写

http://aeroforceone.jp/news/news051226release.html

 

さてこの週、AF1スタッフにとってちょっと寂しい飲み会がありました。2000年からAF1 TPを支えて下さっていたHIS社AF1担当二代目S氏が某南国の支店長に栄転が決定し、三代目となる新しい方A氏との顔合わせ会となったのです。今まで既にずっとメールでのやり取りはしていたのですが、お初でお目にかかったA氏は予想外に大きな方で、12月に成田で初めて会う皆様にもきっと安心感を与えて下さることでしょう。

初代のE氏は担当期間が7年間だったので、二代目のS氏は12年と気づけば遥かに長くAF1を支えて下さっていました。寂しくなります(涙)。S氏には何度もお見送りの成田で会った方も多いはず。その12年間には様々なことがあり、思い出話に花が咲き、それを聞いていたA氏は「参考になります!」と酔っても真面目。てか、酔えなかったかもしれませんね(^^; これから、あと何回あるか判らないAF1 TPですが、きっと三代目が最後になるのは確か。どうぞ最後までよろしくお願い致します。

映画は1本も観れずに終わってしまったこの週でしたが、一足お先に頂いている新譜のサンプルをヘビロテで聴きまくりの日々が始まっています。RS誌の全曲解説は面白いですね!『Love XXX』を初めて聴かせてもらった時、思わず「ビートルズみたい」と言ったらSTも喜んでくれたのですが、それがお愛想ではなく本当にSTもビートルズっぽい仕上がりになったと思っていたのだと知り、とても嬉しくなりました。まあ、考えてみればSTが私にお愛想する必然性は全く無いですしね(^^; 

で、ちょっと調子に乗って書いてしまうと…『アナザー・ラスト・グッバイ』のワンフレーズは、ビートルズの『Fixing A Hole』からそのまんまだし、コード進行は『She's Leaving Home』まんま…って感じです♪聴いてて嬉しくてニヤニヤしちゃいます。デズモンド・チャイルドもやはりビートルズが大好きだったんですね。とにかく最高な『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!』。願わくば、日本人の我々には『ロックス』みたいな、短いタイトルの方が良かったですね(^^;

最新記事