11/18-24,2019 『少年寅次郎』で柴又散歩と、『エンド・オブ・ステイツ』

以前、最近はNHKドラマが好き。と書きました。私は録画して見るので一週遅れですが、土曜ドラマの『少年寅次郎』が終わってしまいました〜。すごく良かった。何度も泣きました。たった五話だなんて短か過ぎます〜(涙)。

実は私、寅さんシリーズの映画、1本も観たことありません(^^; もちろん渥美清さんは知っているし、さすがに有名なので寅さんも知っています。柴又の帝釈天にも、かつて一度だけ行ったことありました。

でも、だから寅さんの出生の秘密(?)は知らなかったので、この『少年寅次郎』を観て、寅ちゃんの健気さ、母の愛に泣きまくりましたよ〜(涙)。「勉強は出来なくても、わんぱくでも、心根の優しい子なんですよ」と言う血の繋がりのない母。そんな母だったからこそ、寅ちゃんは心根の優しい子に育ったんですね。(T T)

寅ちゃんを演じた子役達も、幼少期、少年期、いずれも渥美清さんにそっくりでしたw ホクロはメイクだとしても、よく見つけましたよね〜。

とにかくもう毎週泣いていましたw そしてあっという間に五話なんて終わってしまい…そーだ!柴又へ行こう!と思ったのでしたw 確か友人が近くだった気が。で連絡取ってみたら、まさに隣町!w そこで早速柴又観光をして、その後飲もうということになりましたw

ちょっと分かりにくい写真になっちゃいましたが、駅前には寅さんとさくらが向かい合っていました。以前来た時にはさくらはいなかったので、やっぱり来て良かった!

まずは真っ直ぐ、初めての寅さんミュージアムへ行くことにしました。

おお〜!ドラマそのもの!!あの憎たらしいオヤジもいたりしてw 実際に映画で使用したセットを移設したそうです。あれ?じゃあNHKはこれを借りたのではなく、ゼロから『少年寅次郎』のためにセットを作ったんですね。さすがNHKw

あ〜、この向こうにおいちゃんとおばちゃんがいたのね!

これらのお店の奥には居間やお台所もあり、寅さんの自宅の間取りが把握出来ました。これはもう一度ドラマを観なくてはw さらに裏にある外階段付き印刷所もドラマで観た通り。印刷所の中もしっかり細かくありましたが、そこは映画観ていないと分からないのかも(^^;

各映画のダイジェスト映像も楽しめて、本当に一本も観ていなかったのに、なんだかとても寅さんのファンになってしまった気がw いやあ40年遅いですね〜ww せめて年末公開の最新版(寅さんは出ていないのかな)は観ようと思っています。

戦時中という特殊な事情はあったかもしれないですが、父は冷たくても優しい母と叔父&叔母のおかげで明るく優しい子に育った寅ちゃん。そんな母も寅ちゃんは夫の浮気相手との子供とか、叔父&叔母も自分たちには子供が出来ないとか、それぞれツライ思いを抱きつつの愛で…、ああ、また泣けてきちゃう(涙)そんなこんなが、日本人の心の琴線に触れた寅さんだったんですね!

ミュージアムで感動してから、帝釈天にお参りに行きました。しっかり御朱印も頂きましたよ。本当に見事な松ですね〜。

葛飾柴又は、風景の国宝だそうです。私も東京っ子なので、思い出の中には残っているんですけどね。それが今も存在しているところがスゴイです。ここが地元の友人が、羨ましい気がしました。子供の頃は、近所でしょっちゅう寅さん映画のロケがあったとか。い〜な〜❤️ って、だから40年遅いっ!!!www ともあれ、とても楽しい柴又散歩でした。

 

そんな週の一本は、『エンド・オブ・ステイツ』です。

私は日頃TOHOシネマズの日比谷、六本木、新宿あたりで観るんですが、え??どこでもやらないの?と慌てて、珍しく他のシアターに行きました。だってジェラルド・バトラーにモーガン・フリーマンよ!あ、でも確かに、シリーズ最初の『エンド・オブ・ホワイトハウス』は、底が浅かったな〜ww それでシリーズ二作目の『エンド・オブ・キングダム』は観ていませんでした(^^;

「アメリカの終わり」と言いたいのなら、『ザ』ステイツとしてくれないと通じないんですけど? そーだ、二作目も「ザ・キングダム」でなきゃおかしいじゃん!と思って、観なかったのでしたw 原題は一作目から『Olympus Has Fallen』『London Has Fallen』そして今回が『Angel Has Fallen』と、Fallenシリーズなのに、どうしても日本では『エンド・オブ』シリーズにしたいのね(^^;

ま、とにかく今回は観たし、いや結構楽しかったですよ。TOHOシネマズ、邦画ばかりでスクリーン使わないで、こーゆーのも上映してよ!ww

ジェラルド・バトラーって、実はすごいインテリなんですよね。なのにやっぱりそのガタイからか、『300』が良かったからか、すっかり肉体派です。それでもここではシークレット・サービスなので、頭脳も明晰な役。なのでこのシリーズならではの、すり抜け、逃げ切りも、彼の頭脳と肉体あってこそ!ということで、細かいことはツッコミなしでいきましょうw

お父さん役のニック・ノルティも良かったわ。渋かった!

大統領の暗殺方法にドローンを利用するというのはとても現代的でGood Idea!だったし、かなり面白かったですよ!もちろん、モーガン・フリーマンには1ミリも揺るぎない良さがあるしね。アメリカではジェラルド・バトラー作品二番目(一番は『300』ね❤️)の大ヒットを記録したとか。とゆーことは、『1』も『2』も超えたのね!

つべこべ言わずに、こーゆー「ハラハラやがてスッキリ」な作品を楽しむのが、大事なストレス発散になります。なので、『ザ』が付いていなくて気に入らないけど、『エンド・オブ・キングダム』も観るべきかしら?www

 

さて、この週待望のモトリー・クルー再始動のニュースがありました!あはは、待っていましたよ。Welcome Back❤️ まあ当時は、ミックの体調が危惧されていたので、仕方ないのかな…と思っていました。実はステージでまっすぐ立っているだけでもツラかったとか。さらにずっとギターを持つんだもの。脊柱管狭窄症だったとか?そして手術をして無事にリハビリも終わったとか?(私の勝手な推測ですよ!)

何はともあれ、再びツアーに出れるなんて素晴らしいじゃないですか!当時最後の来日で、事情あって日本だけVIPが出来なかったのです(泣)。今度こそ!リベンジでぜひ来日&VIPが実現しますように!!!!

最新記事