12/16-22,2019 KISS EOTRJTついに End!と、『ラスト・クリスマス』

週の初めは大阪への移動でした。実は盛岡が寒すぎて体調を崩したクルーが続出!私も翌朝喉が痛くてびっくりでした。何が何でも、大阪公演当日までに治さねば!ということで、月曜日は京セラドームへ下見へ行ったあと、探した大阪駅近くの耳鼻咽喉科へ。しっかりと薬を出してもらい、夜は早く寝て、翌日の大阪本番日。起きたらすっかり喉は治っていました〜!ホッ。でも、三日間は気を抜かず薬を飲み続けねば。

大阪でのVIP集合場所は、少し分かり難くてごめんなさい。北口と決まったのは前日だったので、Twitterでのみの告知でした。小雨が降る中、皆様時間通りにお集まり頂き、ありがとうございました。東京に続き、大阪もドームでした。

今回のKISS EOTRジャパン・ツアーで嬉しかったことはいっぱいありますが、その一つに、アリーナの席案内が良かったですよね!皆さん、テンションが上がったのでは? チケット表示も『地獄のアリーナ』だったしw  徹底してやってくれましたね!

あと、これはもう毎回、大阪での公演の際にいつも感動するのが、撮影に関する分かりやすい表示です。京セラドームに限らず、大阪周辺会場ではいつも感動して、思わず写真を撮ってしまいます。完璧です!!!

この日は、M&G前にバンドには他のお仕事も入っていました。競馬とのコラボレーション?ww とにかく、バックステージには多くの、様々な関係者でいっぱい!そんな中に、再びYoshiki様のお姿も。Ultimate VIPの皆様は、ちょうどYoshikiの入りに遭遇して、ラッキーでしたね!

Ultimate VIPの内容はいつも通り。オンステージツアー、バックステージでのブーツ・トライ。そして、ちょっとだけ待たされたけど無事にミート&グリートして、写真撮影もしました。私はこの日はその間の写真は1枚も撮っていませんでした!ありゃ〜、それほどバタバタしていたのかな。確かに、後になって振り返れば大阪が一番疲れました〜(^^;

それでも参加の皆様は元気いっぱい。ついに開演時間15分前になり、ピットへご案内する前にジーン側の皆様のグループショット。この日はしっかり、サインを作ってきてくれた人いました❤️ 私は、初日から「ステージかぶりつきだというのに、誰もサイン持参の人いないんですかぁ〜?」なんて言っていたんですが、ツアーも後半になり、いろいろ皆様とお話をして、『サイン』が何か分からなかった‥というご意見を知り、盛岡あたりだったかな?説明していたんです。

サインって、英語のままじゃあ、確かにAutographと混同してしまいますよね(^^; ごめんなさい。メッセージのことです。「こっち来て!」とか「ポール、愛してる!」とか「ピックちょうだい!」とか「投げキスして!」とかww とにかく、ピットとか最前なら、100%読んでもらえるのですから、主張して、ライヴをより楽しまなくちゃ!ってことです。バンドも絶対喜びますよ!てか、最前になったらサイン持参は義務です!!www ってことで、レッドヘアのGくん、ちゃんとピックをゲットしたそうです❤️ 良かった!

「I love Gene!」のサインを掲げた女性には、オープニングすぐジーンが気づいて、頷きながら、目の前に来てくれていましたね!後ろから見ていて私も嬉しかったです。この日はついに、初日仙台から持参されていたフラッグを、バンドがステージで広げてくれる一幕もありました。頑張って作った人、良かったですね!!

こちら、ポール側の皆様。「投げキスして」のサインは効き目あったかな?

この紙吹雪の向こうにいるのはだ〜れだ!ww

翌日は名古屋へ移動。我々VIPスタッフでは、これまで4公演無事に終えていて、すっかりスタイルが出来上がっていたので、最終公演で私は初めて、前日会場へ行きませんでした。大阪公演終了後急遽そう決まり、深夜ながらもVIP Club名古屋会に連絡をしたら、なんと3名も来てくれて、楽しいランチが出来ました❤️ 本当に大阪ドームでは疲れていたので、とても良い骨休めになったし、気分転換になりました。みんな、ありがと〜!そして夜は早くホテルに戻り、11時には寝ましたよ。これで、最終公演を迎える準備万端となったのでした。

わずか中1日で、大きさの違う会場でのステージ設営。関係スタッフの皆様は本当に大変だったと思います。ここはもう、ラスト!ということで、ほぼ徹夜に近い方も少なくなかったでしょう。ライヴ当日の午前11時でまだこんな様子でした。

こちらはステージが出来上がった後の、映像テスト。ちょっと珍しいでしょ?

それにしても、ドルフィンズ・アリーナでよくドームと遜色の無いKISSライヴが出来ましたよね!今回、日本でKISSライヴを繰り広げるに当たり、ドーム、アイスアリーナ、ドルフィンズアリーナと、3種類の広さの会場それぞれ同じように見えるステージを設営する為に、事前にアメリカに2回も下見に行き、設計図を作ったそうです。素晴らしい!で、ドルフィンズ・アリーナ2Fスタンドステージ脇からの景色です。1回くらい、こんな景色のライヴも面白そうですね!

この日はやはりステージ準備が押して、Ultimateの皆様はいつも以上に待たされてしまいました。ではバックステージが先!いや、やっぱりオンステージが先!と、ちょっと翻弄されてしまったりもして。でも、そのおかげでバックステージでメイク前のポールに会えたのでした❤️ 皆様、ラッキーでしたね!ポールも神対応で、あっちだ、こっちだ、と移動させられたことも、むしろ良い思い出になりました。

そして、ついに日本で最後のミート&グリートと写真撮影を迎えました。皆様、サイコーの笑顔です❤️

全て終わり、あとはライヴを楽しむだけ!の皆様。これで本当に最後です。たっぷり楽しんで!

…と、最後なのでいつも以上にたくさん写真を載せてみました。が、まだまだあります!w なので、VIP Clubメンバーになった皆様は、ぜひM&G写真もお送り下さいね!それでお顔が分かれば、撮れている写真をお送りしますよ。さらに、メンバーになったらぜひ、ギター・コレクション、ピック・コレクション、女性はネイルの写真も送って下さいね!シュライン(祭壇)もぜひ!KISSは多分世の中で一番グッズが多いはずだから!シュラインとは、こんな感じですよ。

https://amysvipclub.com/gallery_cate/shrines/

今回私はほぼUltimate VIPの皆様としかお会い出来ませんでしたが、KISS VIPにご参加頂いた皆様、お楽しみ頂き、素晴らしい笑顔とパワーをありがとうございました!!!!またどこかで、お会いしましょうね!

 

さて、私のBusy Weekはまだ終わらず、週末は毎年恒例TPリユニオンでした。今年のTravel Packageに参加した皆様が、再び日本国内で集まってのお食事会です。VIPのトラベル版。海外までVIP参加でライヴに行こうなんて、まず周囲にいるわけないですよねw なので、ほとんどの皆様が最初はお一人参加ですが、やはり一緒に旅をするとすっかり仲良しになります。今では皆様大事な仲間!皆様、楽しい旅に、そして楽しいリユニオンにお集まり下さり、ありがとうございました!!

さらに言えば、続く日曜日もイベントがあったのですが、さすがにもう力尽きました(^^; なので、あとは来週です!

 

そんな週の一本は、タイムリーな『ラスト・クリスマス』です。

いや〜、良かったです〜〜!!ホントに、良い時期に良い作品を観ました❤️

とはいえ、前半はこう言っちゃあナンですが、かなりのB級感が漂いましたww なんと言っても、ヒロイン(と呼ぶのもキツいw)がビッチ過ぎるんだもの〜wwww それもアメリカではなくロンドン・ビッチ。強烈ですww

ドラマ『ゲーム・オヴ・スローンズ』を観ている人ならご存知のエミリア・クラーク。私は観ていなかったので、初めて彼女を知りました。いやもう、顔芸がスゴイ!ww コメディということで、めちゃくちゃ頑張ってくれていますw ネットで 素の表情を見れば、ジーンの娘のソフィー似とゆーか、スティーヴンの娘のチェルシー似とゆーかw とにかく、かなりの美人さん。そんな美女がここまで顔を崩すか?ww まさに、決死で挑んだコメディのようでした。

で、その「決死で」というのが大げさではなく文字通りであることは、映画を観れば分かるのですが、大事なオチだから、絶対に触れません!だって、終盤オチとなって、B級と思っていたのが勢い感動の波に襲われるのですから。うわ〜ん、泣いちゃったよ〜(涙)。もう本当に、良かった〜〜〜泣泣泣

最近ハリウッドでウケているアジア人俳優のヘンリー・ゴールディングは、相変わらずカッコ良いです❤️ そして、絶妙に移民問題、格差社会、LGBTなどを織り交ぜたのはさすがなハリウッド。まさに21世紀のラブコメという感じです。

ワム!やジョージ・マイケルが好きだったら絶対観るべきなのは、タイトルソング以外でも、未発表ソングが使用されているとか。(たくさん流れたので、どれか気づかなかった(^^; )『ラスト・クリスマス』は歌詞もすっかり覚えているので、最後は一緒に声を出さずに歌いました❤️ が、この歌詞はそのままなのに歌詞の解釈が、すっかり一変してしまいます。英語って面白い!

クリスマスの時期になると毎年、クリスマスの奇跡とか、ほんわかじんわり、愛に溢れたファンタジー作品が作られて「大人も子供も一緒に楽しめる」と、すっかり何でもディズニー風になり、それはそれで年に一度とても良いのだけれど、この『ラスト・クリスマス』は子供には理解出来ないだろうし、てか、子供には観せたくないクリスマス作品ですw

顔芸の主人公エミリア・クラークは、実は20代でくも膜下出血や脳動脈瘤などの大病をしていて、生きるか死ぬかの経験をしていたのですね。それを先に知っていて観ると、また感慨深く観れるかもしれません。

とにかく、観始めの30分では全く想像もつかなかったほど最終的に感動出来る、とても素敵な、良い作品でした!泣きますよ〜!

 

ということで、ついに今年もあと10日を切りました。ツアーが終わったらすっかり体調も良くなってw 元気に2019年を終えたいものです。皆様も、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごし下さいね!!!メリー・クリスマス❤️

最新記事