3/11-3/17, 2013 週報

この週は月曜・火曜と、お仕事以外では生まれて初めて武道館連チャン通いでした。そう、ジャーニーとサンタナです!ジャーニーは元々私の日本人の元上司がソニーで担当A&Rをしていて、随分昔から沢山サンプル盤を頂き聴かされていましたww そして、アメリカ人元上司はジャーニー全盛期の所属事務所にいた人。なので、かなり私にも縁があるバンドでした。

この日武道館を埋め尽くしたジャーニー・ファンの思っていた事はただ一つ(たぶん)。「スティーヴ・ペリーでなくて大丈夫?」だったと思います。フィリピンで貧しい家庭に育ち、でも歌うことが大好きでジャーニーをカバーしていたアーネルという少年がYouTubeで見いだされてスティーヴの後がまになってしまったのは、かつての映画『ロック・スター』そのもの。そのアーネル、スティーヴの声によく似ていて、とても良かったです。武道館一杯のファンが暖かい声援を送っていました♪

オープニングが『セパレートウェイズ』。2曲目が『エニウェイ・ユー・ウォント・イット』…と、もう頭2曲で武道館は沸騰点!ショージキ、私は自分で購入したジャーニーは何も持っていないのに、かなりの曲を一緒に歌うことが出来たのですから、ヒットメーカー・ジャーニー恐るべし。投稿にも頂きましたが、本編ラストの『ドント・ストップ・ビリーヴィン』では、誰もが涙ぐんでしまったことでしょう。

アフターショウでM&Gに入れて頂いたのですが、アーネルは160cmほど。本当に小さくてびっくりしました!ああ、成長期満足にご飯食べられなかったからかな〜(涙)と思いつつ、今の栄光を心から彼の為に喜び、応援したいと思いました。ニール・ショーンとは写真を撮らせてもらったのですが、そこに「私も!」と彼女も加わり、なんか私はお邪魔虫…(爆)。なので、自分をトリミングしましたww

 

そして翌日のサンタナは私にとってのメインイベント。ミーハーと言われればそのものズバリで、私は『スーパーナチュラル』からの大ファンです(^^; 続く『シャーマン』も同じか、それ以上くらいに好き。それ以降すべてアルバムはCDとダウンロード両方という、素晴らしいファン(自分で言ってしまうw)であります♪ 

サンタナはアルバムでは様々なシンガーとコラボしているので、なかなかオリジナルのヴォーカリストとのライヴを観ることは難しいのですが、前回も来たサンタナ・バンドのボーカル二人はとてもカッコ良く、それなりにとても良い感じ。そしてドラムスを挟んでパーカッションが両脇にいてたいこ隊は3人。ホーン2人、ギターもサンタナ以外もう一人にキーボード、ベース、そしてシンガー2人という計10人から成るサンタナ・バンドはあまりに巧い!!!

ギターのおっちゃんとサンタナのユニゾン・プレイにはしびれました♪ このおっちゃんがまた、歌も上手でww ちゃんと名前チェックしとかなきゃ失礼ですよね〜(^^; 途中、期待通りシンデイ・ブラックマン(新妻♪)登場で2曲魅せてくれました。これにはもうサンタナおじさんデロデロww

サンタナはエアロのようにビフォーショウで関係者M&Gがありました。スタッフA念願のサンタナとのご対面を果たし、本当に20年この仕事やってきて良かったと思いました(T T) 入れて下さった皆様に心から感謝です。待つ間からドキドキ。いざ会えばもう何を言ったら良いのやら。日頃M&Gでファンの皆様をサポートさせて頂いている私ですが、この時に私をサポートしてくれる人は誰もおらず、心からファンの皆様の気持ちが判った次第です。

そんなど緊張のM&Gで頂けたサインがこちら。

 

写真は…恥ずかしいので私の心の中に、いえiPhotoの中に大切に保存です(^^;

そんなわけで、二夜連続で楽しい時を過ごさせて頂けたことに深く感謝ですm(_ _)m これからも仕事頑張ろう!!!と、強く思った二夜でもありました。

最新記事