3/29-4/4, 2010 週報

この週は年度末ということで、忙しい人が多かったのではないでしょうか。歓送迎会の季節でもあり、お花見の季節でもあり。仕事もおつき合いも忙しいこの時期。風邪ひかず、花粉や黄砂にも負けずに健康でいられたらそれだけでめでたい新年度スタートです。

先週はお花見週報だったので映画のことは書きませんでした。その前の週はスタッフBが書いてくれたし…ということで、映画レビューが溜まってしまったので、今週はそればっかりになりますww まとめて4本。

まずは話題のミュージカル『NINE』。ストーリーはダニエル・デイ・ルイス扮する落ち目の映画監督が、どーしょもない嘘つき女たらし……ってゆーだけのことなんですが、ともあれミュージカルなので、彼の意外な歌の旨さもさることながら、豪華女優陣のゴージャスな歌と踊りをたっぷり堪能出来ます。

タイトルは『Nine』ですが登場する美女は7人。ニコール・キッドマン、ファーギー、マリオン・コティヤール、ケイト・ハドソン、ペネロペ・クルス、そしてジュディ・デンチとソフィア・ローレンです。ニコール、ファーギー、マリオン(エディット・ピアフ役でアカデミー賞受賞)の3人が歌えるのは判っていたとはいえ、この映画のために10kg太ったというファーギーは迫力たっぷりだし、役得もあるかもしれないけれどマリオンの切ない歌いっぷりには思わず涙が出ました。ケイトとペネロペは、頑張って練習したんだろうな〜って感じ。ケイト可愛い。ペネロペ色っぽ過ぎ=歩くR-18だわww

そしてそして、とにかく驚きなのはジュディとソフィアです。偶然タメの75歳ということですが、本当に二人とも美しくてびっくり。私は昔、アン・ウィルソンのような30代、グレイス・スリックのような40代に憧れていたのですが、今やソフィア・ローレンのような70代に憧れますww

2本目は渋く『アーマード 武装地帯』。久しぶりの男臭いバイオレンス&サスペンス&アクションもの。女はひとっりも登場せず。やっぱたまにはこーゆーの観て気合い入れていかなきゃね〜〜。(以下ネタバレ)

あのマット・ディロンにジャン・レノ、そしてローレンス・フィッシュバーンが悪役で、もうそれだけで思いっきり悪を応援しちゃいます♪ シブくなったマットの声がまたシブくて、声フェチの私には堪らず。結局最後に悪は滅びるアメリカ王道映画なんだけど、そりゃもうがっかり(涙)。久々思いっきり悪を応援した作品でしたw

3本目は今年のアカデミー主演女優賞を獲ったサンドラ・ブロック主演『しあわせの隠れ場所』。なんだかわけ判んない邦題ですが、原題は『The Blind Side』。これはアメフトのお話でもあり、アメフトにおけるブラインド・サイドというポジション(クォーターバックの利き手の逆側)と、人生における見えない部分…みたいな意味とをかけてるとても良いタイトルなのに…ホント、日本の映画配給会社のセンスは判りません。

私はアメフトは詳しくないので、実在の選手マイケル・オアーのことは全く知らなかったのですが、これはもう知ってる人が観たら号泣してしまう映画でしょうね〜。日本よりもずっと貧富の差が激しいアメリカでは、まだまだスポーツ界にこの手の話はありそうです。そして私には関係無いながらも、「お金持ちの在り方」ということも考えさせられました。日本のお金持ちも、もっともっと人のためにお金を遣うべき!!私に3億当てさせてみそ!上手に遣ってあげるから!!ww

最後4本目は超期待の『マイレージ、マイライフ』。残念ながらアカデミー主演男優賞を逃したジョージ・クルーニーです。かつては『素晴らしき日』なんていう恋愛ものでキラキラしていたジョージも今や「ラブコメには絶対出たくない」と言ってるそうで、ファンとしては寂しい限り。が、この作品の中では心を失いかけたビジネスマンがふと見せる哀愁に、久々内側から胸をキュ〜ンとつかまれた気がしました。かつてTVドラマ『ER』で見せた、どうしても子供の病気を治してやれない時のあの切ないまなざしを思い出させてくれます。(あの頃はまだ髪が真っ黒だったなぁww)

お話は結構私自身にもカブるところがあって、なかなか軽いようで重いようなww まあ、マイレージを貯めるだけが人生じゃあないですものね〜。とか言いつつ、どうせ乗るならラウンジも使いたいし、前方エリアのシートを希望通りに確保して欲しいし、チェックインも優先的にさせて欲しいし、ホテルだってミネラルウォーターや新聞くらいサービスせいっ!!って思ってしまうわけですがww  そいやこの主人公も、ホテルはヒルトンチェーン、レンタカーはハーツの会員で私と同じでしたww

以上、そんなこんなで迎えた新年度。今月下旬に発送されるAF1 NewsはGW進行でもあり、ちょっと早めに製作開始しています。新たなことがとっても沢山あるのでまだ全然まとまっていませんが、これからも時代の流れに乗って頑張っていきたいと思います。お問い合わせを頂いているヨーロッパTPも、またまたバンド側からプッシュされてどうやら決まりそうです。STがどうしてもディズニーランド・パリに行きたいそうでww 皆で行って、偶然遭遇を狙いますかww AF1史上4度目、99年以来なんと11年ぶりのユーロTPです。こりゃ明らかに最後のユーロ。GWお出掛けの予定の無いかたは是非ここで思い切ってベストシーズンのパリに行きませんか♪

てなことで、改めまして今年度もどうぞよろしくお願いします。最後になりましたが、受験生のいたご家族は、お疲れ様でした。新たに進学した人、就職した人、皆さん新しい世界を楽しみながら頑張って下さいね〜!

最新記事