3/30-4/5, 2009 週報

年度末で超多忙な方も多いと思いますが、とりま慌ててもしょーがないやと達観しているワタクシ。いつかとんでもない目に遭いそうですが、実は既に遭ってる気もするし、こう景気の悪い時期はテレビのニュースなど見てる限り「まだいっかー」とゆー気も(苦笑)。とりま桜見とけ〜!って感じの昨今でつww

某夜、お友達の誕生日で本人のお気にの天婦羅屋さんへ。カウンター越しに目の前で揚げてもらう天婦羅だなんて、産まれて初めての経験で、いくつになっても初めてのことなんていくらでもあるんだな〜と感無量。って、ちょっと大げさ?(^^;

そんな楽しい夜がありつつも、忙しくとても疲れたこの週は珍しくNo Movie(涙)。ってことで、あまり書くことないので、お花見遠足に出掛けた鎌倉のことを写真交えて書いちゃおう♪

私は1993年AF1の仕事を始める以前いた会社でも上司はアメリカ人で、その後仕事関係、プライベート関係含め、外人さんのエンターテインメントとして日帰りでちょーど良いのが鎌倉でした。そこで、日本史の苦手な私でも鎌倉はかなり何度も行っているので、自分なりの自称「ミーハー鎌倉ルート」がありますww  

北鎌倉からスタートです。歩きながら東慶寺a.k.a.駆け込み寺を、その駆け込んだと言われる階段を見上げながら、説明だけして素通りして…ww  まずは建長寺へ。日本最古の禅寺です。

法堂(はっとう)の天井にある『雲龍図』が有名なんですが、龍の爪の数は中国で5本、韓国で4本、日本では3本で描かれるのが通常ながら、ここは最初の中国伝来の禅なので、中国式のまま龍の爪が5本で描かれています。

 

さらに建長寺の奥へ進むと、かな〜〜〜〜り歩きますが、建長寺の守護神である天狗(めっさカッパに見えますが、からす天狗なんでつww)がお迎えしてくれる半僧坊とゆーところがあります。終盤は階段も多く軽く山登りですが、私の大好きなスポットです♪

 

オードリーの春日もいましたww

その後、鎌倉の王道鶴岡八幡宮へ。ここには池が左右に二つあり、大きい方が源氏池、小さい方が平家池です。

 

源氏池の桜。源氏池には島が3個あり、「さん=産=繁栄」を表し、平家池には島が4個で「し=死=滅亡」を表してます。どこまでも、両家の対立は奥が深いでつ。桜の木の数も、源氏の方が豪華。さすが、鶴岡八幡宮は源氏の氏神様だわ。にしても、さすがに甲子園内に虎3匹、ウサギ4匹…なんて置かないよなぁ〜(^^;

次はこっから約1マイル(1.6キロ)以上せっせと歩いて、気分的には本日のメインイベント、銭洗い弁天へ!お札までも洗ってきましたよ〜〜♪

 

そして、最後はまた結構歩いて大仏さんへ。

 

もちろん、並んで胎内にも入ってきました。胎内拝観料20円なり。いやぁ〜、なんとも歩きました。疲れたよぉ〜〜!でもたまにはいーもんです。超美味しいおせんべ買ってきました♪ 

ってなことで、私的には珍しく桜もたっぷり見た2009年春でございます。ところで…私も観戦に行った東京マラソン2009で心肺停止になった松村が、復帰会見を行なっていました。ホント,良かったですよね〜〜。安心した。そしてこれほど自分が松村を心配したことにも驚いたww  いやいや、やっぱ皆健康が一番。元気がイチバン!ってことで、来週はDeep Purpleや!

最新記事