3/31-4/6, 2008 週報

このところずっとテレビのニュースで話題になっていた「年金特別便」が私にもやって来た。え?!『特別』便?ってことは、私の年金にも記録漏れの可能性があるってことだ。どれどれ、とじっくり内容をチェックしてみた。過去自分がどんな手続きをしたかなんてすっかり忘れていたが、我ながらきちんと隙間無く出来てるじゃない、って思った。そこで「問題無し」と伝えようと電話した。

「皆さん、忘れててそうおっしゃるんですよね〜。ちょっとお待ち下さい・・・(カチャカチャとPCを打つ音・・・)。はい、ありましたよ。3件も漏れがあるみたいです」え〜〜〜???!!!ガッビ〜ン!!

巷の話とは裏腹に、私の電話の相手をしてくれた担当のおじ様はとっても親切。で、いろいろ話をしたんだが・・・最初はボタン製造の会社と言う。「バラや牡丹じゃなくて、洋服のボタンね」と解説付き。「覚えありませんか?」「い〜え、全然」しかも言われた年の頃私はまだ高校生。ちゃんと学校行ってたし。「ああ、そうですね〜。あ、それにこりゃ大阪だぁ。貴女、関西にいた?」「い〜え、生まれも育ちもず〜っと東京」「ああ、じゃあ、コレ違いますね〜」

「その後、一旦普通の会社に移ったけど、やっぱり洋裁関係が好きだったんですかね〜。レースの会社に移ったね。レースって車の競争じゃないですよ。洋服に付いてるレースね。あ、でもこれも全部関西だ」ってなことで、3件とも私の記録では無いことが無事判明した。

でも私は安心したけど、この日本のどこかに私と同じ生年月日、同じ漢字の同姓同名で、高校中退(って勝手に想像)して一生懸命早くから働いたのに、年金記録が宙に浮いてて将来ちゃんと満額貰えないかもしれない人がいるという事実に深く同情。年金問題が急に身近に感じられた出来事だった。皆さんは大丈夫??

体調はすっかり回復し(お見舞いメール・投稿をくださった皆様、ありがとうございました)、映画を2本。1本目『ジャンパー』(YUKKOさん、見ましたか?)まあ予想通り、荒唐無稽な楽しいエンタメ作品。あ〜、私もジャンパーになりたいな〜。そしたらもっと巧くヤルのに。話題の東京ロケだが、「銀座」と駅名がくっきり出てる地下鉄の駅の階段昇って地上に上がると、そこは渋谷のハチ公前交差点。日本をナメてます。

2本目、「絶対痛くないから見て!」と友人に言われて行った『デッド・サイレンス』。あの『SAW』シリーズの監督作品だ。確かに痛くはなかったかもしれないが、私、もしかして最近もうホラー系だめかも〜??もう、途中マジ嫌になるんだよね。だって怖いんだもん。ダリオ・アルジェントとかオカルト関係は大好きだった。なんかロマンがあった。でも、最近のホラーはひたすら強烈で心臓に悪い気がしてきた。Too old to seeホラーかしら?歳を感じます(涙)。

そして週末、遂に今ペナントレース初観戦で東京ドームへいざ!!いやあ二連勝後だったからね、覚悟はしていました(野球知らない方へ解説。野球って1つの相手と三連戦するんです)。それにしても、9対1なんて酷い負け方だよ(怒)。辛うじて代打ひ〜やんの一塁からの爆走で完封を免れたけど、アニキの2000本目も出ないままだし、相方曰く「意味わかんない!」初観戦だった。ま、まだまだこれから。気長にいかないとね。

STのカスタム・バイク屋さん、『レッド・ウィング』が日本でも買えるようになった。私は二輪は怖くて乗れない(だって、止まったら倒れるでしょ?)が、乗れる人は気持ち良いんだろうな〜。アメリカでハーレー軍団に何度か遭遇したことがあるが、皆恰幅の良いオジ様達だ。四輪だが、日本でもフェアレディZの購買層は50代が中心と聞く。オヤジが元気だと世の中が明るくなる。価格的にも確かに若者相手ではなさそうだし、ヘッズのちょい悪オヤジの皆様、いかがですか?(^^; せっかくなら、初回限定車を是非!

最新記事