3/8-14, 2010 週報

この春でかれこれ一年近くなるのですが、AF1オフィスでは全員が『コロプラ』という、ケータイのいわゆる位置ゲーにハマっています。いえ、「ハマった」という言い方はここ半年くらいでしょうか。昨年の秋頃からは世間的にも広まってきたようで、日経新聞などにも取り上げられていたようです。エアロヘッズの皆様にもコロプラーはいらっしゃいますか?とにかくハマります。無料なので、パケ放題にしている人には結構お勧めしたりしています。その結果、周囲にますますコロプラーが増え、お互いに情報交換したり、協力し合ったりして、さらに楽しくなる正のスパイラルです♪

その『コロプラ』が、わりと毎月いろいろなイベントを開催するのですが、今月のイベントがこの週から始まりました。これがもう熱くなるんですよww  今回のイベントは、各地のスタンプ集めみたいなもので、東京だと23区と各市。その地に行ったら、位置登録をすることでその地のスタンプが貰えるというもので、全国700以上に仕切られた地で月末までにいくつのスタンプが貰えるか…というイベントです。

世のコロプラーには、こういったイベントが始まると遠回りして帰宅してみたり、休みの日にスタンプ取りドライヴに出たりと、皆さんイベントを楽しんでいるようですが、ラッキーなことに私は週末大阪行きの予定があったんです。そこで、一気に大阪&兵庫のスタンプも取れて、かなりの大喜びでした。

で、なぜ大阪へ行ったかというと…これはもう話せば長い話ながらはしょって書くと、甲子園に我が虎軍のオープン戦を観に行ったのでした♪  自分的にはマイナーなルフトハンザのマイレージが貯まっていて、ANAで往復無料でとれたのが大きいのですが、実は2ヶ月前にこの日、赤星の引退セレモニーがある、と知ったからソッコーで試合のチケを取ったわけです。が、その後赤星がセレモニー辞退ですってぇ〜〜??? でも、試合のチケはもちろんのこと、マイレージで取ったチケットもキャンセル出来ない(実際はキャンセルは自由ですが、マイレージは戻りません)ので、とにかく試合を楽しもうと行ってきました。

にしても、「優勝を目指そうというチームの、たとえオープン戦でも大事な調整の時期なのだから、自分のことでわずらわせたくない」ですってぇ???赤ほしぃ〜!ぶっちゃけ、最後で超がっかりしました。なに、偉そうな、自己チューなこと言ってんの?? 誰のお陰で最後の年一年で三億も稼げたの? 自分の努力もあるだろうけど、そんなのプロだもん、当たり前じゃん。プロがプロでいられんのは、ファンあってじゃないの??? あんな突然の引退は本人だってショックだっただろうけど、ファンだって同じなのに〜。最後にファンに挨拶くらいするのが礼儀じゃないの???ってか、すべきだろぉよ〜〜〜!ファンを大切にする新庄やSTの爪の垢0.1ミリでいいから飲ませたいよっ!(涙)

さらにね、酷いのはその後の赤星の動きですよ。もう来週に迫りましたが、『引退記念ファン感謝トークライブ』を開催するそうで。大人18000円、子供9000円ですよ。それがまた大盛況だとかで追加公演も出ています。阪神球団は昔からセコいと言われていますが、今回は違うと思います。だって、もともと引退記念試合&セレモニーを通常のオープン戦の時にしようと言い出したのが球団なのですから。その日のチケット代には一円も「赤星代」は乗っかっていませんでした。それを辞退したのが本人で、その後このイベントの発表です、なんだよ、赤星。結局は金儲けしたかったのかよ(泣)

てなことで、かなり昨年の引退会見ではいっぱい涙を流した私ですが、今回のことで完全に涙は乾いちゃいました。それに考えてみればもともとジェフが好きだったんだし、桧山とアニキと新井ちゃんと矢野さんだし…今年は城島もいるし…もういいもん!最後の最後で赤星に対しては残念な思いが残りました。

とはいえ、久しぶりの大阪はとっても楽しかったし、お天気良くてリニューアルされた甲子園でのデイゲームはとても快適でした♪ そういえば去年は一度も甲子園に行ってなかったので、選手の入場テーマも知らないままでした。狩野はイングヴェイの『ヘヴン・トゥナイト』で「This could be Paradise〜♪」(お前が打てばなw)で出てくるし、アニキはヴァン・ヘイレンの『ドリームス』で「Yeah, we'll get higher and higher , Straight up we'll climb 〜♪」とゆーところでバット振って出て来るのですよ。あのアニキがさらに上を目指して…とゆーのがまた最高じゃないですか。やっぱり涙が出ちゃいます。もう赤星のことは忘れましょう。前だけ向いて歩かなくては。2年目真弓阪神、もちろん優勝を目指します。

とそんな週に映画は1本、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』。アメリカでは『ハリポタ』に次ぐ大人気の児童文学らしいです。私は『ハリポタ』も大好きなのですが、こちらはさらに私の好きなギリシャ・ローマ神話を題材にしているので、とっても楽しく観ることが出来ました。さすがに児童文学を本で読もうというほど根気は無い私ですが、今後のこのシリーズがとても楽しみになりました。

今回はそのシリーズ第1弾ということで、主人公パーシー・ジャクソンが自分が神様と人間のハーフだということを初めて知ります。そして仲間と一緒に全米を旅するのですが、これがもうアメリカを旅しているようでとても楽しかったです。ニュージャージーからナッシュヴィル、ラスベガス、ハリウッド、そして最後はニューヨークと冒険して廻るのですが、ファンタジーなのにロケも交えてて、これは今後『パーシー・ジャクソンゆかりの地ツアー』をしてみたくなるような気もしましたww

でも、海外だと位置登録は出来ないのよね(苦笑)。今月は連休もあり友人と出掛ける予定なので、せいぜい各地で位置登録に励みたいと思いますww

最新記事