4/12-18, 2010 週報

大混乱してました。木曜日までの段階で、仕事人としての私は半分死んだような気分になっていました。かつてアメリカのAF1はサンフランシスコにあったので、日本側としては朝が勝負で早朝から電話でやり取りしたものですが、今あちらはボストン。ガンガン電話されるのは日本の夜11時過ぎです。それからまた仕事になるので、向こうはリアルタイムでやり取り出来て便利でしょうが、こっちは気づけば午前2時……なんてことが月曜から続きました。はぁ、疲れた。

なぜそんなことになってしまったかとゆーと、他でもありません。ボストンTPの仕込みです。日本時間先週の月曜日の夜11時がアメリカでのチケット発売開始時間で、なんと10分でファンクラブ分の良いお席は完売したそうです。さすがボストンですね〜〜!!なんて、感心している場合じゃありませんでした。さあ、マネージメントも大騒ぎ!慌てて日本分を押さえてくれましたが、それから連日のプッシュでした。

昨年のハワイTPの時は、発表から実施までが1ヶ月なかったので、物理的に無理ということでサイトのみのTP案内となったのですが、今回は一応まだ4ヶ月前です。そこで印刷も十分間に合うと踏んで、実は今週中に発送予定のAF1 NewsにもTPのご案内が掲載されております。それが皆様のお手元に届く頃はたぶん4月下旬。それでも十分間に合うと思っていたからです。

それが先週すべて狂ってしまい「詳細発表です!」と言っておいてから全てが変わってしまったので、大変申し訳ないことに皆様がAF1 Newsをご覧になる時には内容も変更となった上にとっくの2週間前に締め切られていた……という事態をひき起こしてしまいました。本当にもはや印刷での情報伝達はいっそ止めるべきですね。かえって混乱を大きくしてしまう気がします。もはやネット社会に諸手を上げて観念しなければ。

ですが、その先週のバタバタの大きな要因は、完売したということを受けて、全く新たなTPプランが立てられ急遽それでご案内するということで、そんな臨機応変なことも可能になるのがさすがネット社会であります。印刷のみでしたらこんな状況ではTP実施自体100%不可能でしたから。どんな困難にぶつかっても常にベストを尽くし「かえって良かった」と持っていくエアロスミスの信念ここにあり!!ということですね。さすがです。それにくっついていくこちらはかなり大変なんですがww

ということで、お問い合わせ頂きました皆様には、詳細ご案内と同時に「参加の有無は明日までに!」などというむちゃくちゃな状態を強いり大変恐縮でしたが、どうにか皆様のご理解を頂き、一段落しました。今後は大きな変更が出ないことを祈るのみです。

それにしてもボストンでのTPは9年ぶりでした。早いものですよね。独身だった人が、出逢って、迷って、結婚して、子供が出来て、育てて、幼稚園に入園そして卒業を経て、遂にこの春小学校一年生!……という年月ですよww 最近のエアロファンの皆さんは『クラブ・ママキン』もご存知無い人多いかもしれませんね〜。その跡がどうなったのか、フェンウェイパークに行った時に見てきたいと思います。今回は凝った市内&市外観光も実施されますので、参加者のレポもどうぞお楽しみに。ってまだ、4ヶ月も先の話ですけどね。

そんな週にも映画は1本。実は事務所から徒歩範囲にシアターがあるので、夜一旦仕事を止めて抜け出して映画観て、11時過ぎのボストンからの電話にスタンバイ出来るんですよww ということで話題の『第九地区』を。

予告編で「ここまで見せていいのぉ?」というくらいエイリアンの姿や変身してしまう人間を見せてしまっていたこの作品。それは居直りかぁ?と思っていましたが、わりと奥深い作品だったゆえのゆとりだったのかもしれません。人間vs.エイリアンの戦い、それも20年以上ヨハネスバーグに住み着いているエイリアンとの戦いで、そのエイリアンも海老みたいな姿してて実際「エビ」と呼ばれてて……とコミックみたいな内容なのですが、最後まで観るとなかなか。予告編であそこまで見せていたわりには、評判悪くないのも判りました。

ネタバレになるのでそれ以上書けないんですが、映画ファンなら判ってもらえるでしょうか。クローネンバーグっぽさから最終的にはスピルバーグ??みたいな作品でした。期待度 < 満足度。このGWに子連れで観るのにも悪くないかもしれません。かなりグロいシーンもありますけどね。

とゆーことで、そろそろGWカウントダウンが始まりますね。GW前進行の皆様は今週あたりが山場の忙しさなのではないでしょうか?どうぞ皆様、気温の変化の激しい毎日で体調など崩さないよう気をつけて、元気にGWを迎えられるようにして下さいね!

最新記事