4/8-14, 2019 高幡不動尊遠足と、『バイス』

ひゃ〜!!もうめちゃくちゃバタバタな週でした〜。こんな時に限って、歯医者さんの予約があったりするんですよねww でもどうにか予定をこなして、冬から予定していた遠足に行ってきました❤️

大好きな叔父叔母とは時々遠足をするんですが、今回は京王線で高幡不動尊です。正しくは高幡不動尊金剛寺。諦めていた桜がまだまだ咲いてて、とても綺麗でした❤️

ここは東京都日野市。土方歳三の生まれた地ということで、お墓ではありませんが、土方歳三と近藤勇の位牌もありました。徳川好きの私はもちろん攘夷派w 新撰組ってロマンなんですよね〜(あくまでも私見ですw)でもここで改めて土方さんのプロフィールを読み、わずか34歳で亡くなっていたことには涙涙。もちろん、土方さんは絶対に哀れみ不要でしょうけどね。

 

高幡不動の中に、お稲荷さんもありました。たくさんの狐が可愛い!

残念ながら写真はNGでしたが、本堂には鳴き竜天井もありました。日光東照宮にもありますが、多分あちらは観光客が多いから、係の人が説明しながら拍子木を打って聞かせてくれるんですよね。だからか、非常に龍の声は甲高い。が、高幡不動では全然他にお客がいない中、自分で手を打ちます。手を打つ音が拍子木よりずっと低いからか、こちらの方がより龍っぽい音のように思いました。って、実際の龍の鳴き声なんて知らないし、そもそも龍自体架空の存在なのですがww まあ、イメージということでw

ともあれ、意外にもまだまだ沢山の桜が咲いていて、桜もたっぷりと楽しむことが出来ました。前回の遠足は調布の深大寺に行ったのですが、ダルマ市の時に行ったのでそれはそれで楽しかったけれど、ゆっくりお寺を見て回ることが出来ず少し残念でした。そこで今回は何でもない時に来て、実にゆっくりと広い敷地内を見て回ることが出来て、とても良い遠足になりましたw 叔父は私の歴史の先生でもあります。次回は秋!今から楽しみですw

 

そんな週の一本は、『バイス』です。

『ボーラプ』がなぜあれほど人気となったかは、もちろんクイーンの楽曲が良いとか、フレディーの人生がドラマチックだとかあるけれど、映画としての大きな魅力の一つに、役者たちが本当にそっくりだったこともありますよね。見た目も、動きも。さすが役者さんってスゴイよね!!ってことですが…。

この『バイス』も、もう上のポスター見ただけで、笑ってしまうほど皆激似ですよね!ww 私は主人公のディック・チェイニーはよく知らなかったので、写真などを見て「うわっ!さすがクリスチャン・ベール!」と、そのそっくりさに驚いたのですが、ラムズフェルドとか、ジョージ・ブッシュとか、コリン・パウエルなんて、しょっちゅうテレビでも見ていたのでそれぞれが本当にそっくりで、いやいやマジ役者さんってスゴイわwww

それにしても、2000年の大統領選挙でもし息子ブッシュではなくアル・ゴアが勝利していたら…。地球温暖化は今ほど酷くはなっていなかっただろうし、イラク戦争もなく、つまりISIS(イスラム国)も出来なかったはず、と思わずにはいられません。歴史にたらればはナンセンスだし、正直言えば、当時私はアル・ゴアの女房が大嫌いだったので(妻のティッパー・ゴアはPMRCの創設者)全くゴアを応援する気はなかったけれど、後から『不都合な真実』でゴア・ファンになったので、全くアメリカ人は愚かだな〜なんて思ってしまいます。まあ、そんな彼らが今はトランプを大統領にしたわけですよね…。

…なんて、この作品を観て思わずアメリカの政界を憂いでしまったけれど、まあ日本だってどうなんでしょうね〜w 少なくとも、アメリカにはこうした映画を作ってしまう気概があるだけ、やはり頼もしい気がしてしまいますね。無責任を承知で言えば、この映画でのラムズフェルドやチェイニーのやりたい放題は潔く痛快でした。フィクションだったら良かったのにね(^^;

 

さて、ついにこの週は秋のナイト・レンジャー来日が発表されました!今回はより一層内容の濃いVIPになりそうですよ?私も楽しみです❤️

最新記事