6/17-23,2019 Aero Vegas TP前編と、『スノー・ロワイヤル』

皆様、週報書くのが遅くなってごめんなさい(^^; 大した事故も事件もなく、病人も出ず、無事にTPより戻って参りました。ホント、何よりも有難いことです。残念ながら機内で『アラジン』実写版は観れなかったけど、今回の旅で唯一残念だったことがそれだけであれば、こんな嬉しいことはありません!!

4月にヴェガスへ行った時はシアトル経由でしたが、今回は帰りにストップオーバーするのでLA経由でした。ロサンゼルス国際空港=LAXって、いろいろ面倒だから嫌いなんだけどな〜。なんて思っていたら、意外にもかなりスムーズに乗り継ぎが出来て(去年のTPでは乗り継ぎ出来なかったこともあったw)幸先良いスタートでした。

そして無事にヴェガスに到着し、ホテルにチェックインして、初日は以降フリー。私は数名の皆様とストラトスフィアへ絶叫ライド・ツアーですw (今回TP参加者全員から顔出しOK頂いています。ありがとうございました)

TP出発前、参加の皆様にどこへ行きたいか、どんなことをしたいかなどを伺い、出来る限りご希望に沿うようにプランを立てる中、絶叫ツアーご希望はわずか一名様だったんですよねw それでもどうにか3名となり、少人数のためチャチャッと初日に勢いでw

上の写真は、109階にあるライドに乗りながら私が撮ったんですよw 我ながら良い感じに撮れたと思います。残念なのは、誰も私を撮ってくれないことww でもこの時の写真をインスタにアップしたら、多くの友人から「無理〜!」とのコメントがw う〜ん、どうやらストラトスフィア(成層圏の意味)ファンは少数派らしいですねw

そして二日目。ヴェガス最初の朝は10時から、VIP Club Exclusive Half Day Tourです。タクシーでしか行けないところを回りました。まずは多くの方からご希望のあったヴェガス・サインへ。

数えてみれば私にとっては今回でヴェガス9回目。でも、ここへは一度も行ったことがありませんでした。だってヴェガス・サインなんて立派なのが空港にあるじゃない!なんて今までは思っていたのですが…。いざ行ってみると、なんともの凄い人が列を成しているではありませんか。そうか、世間ではそんなに人気なんですね(^^; ということで、しっかり皆で並び、並びながらも一人ずつ抜けては個別撮影もし…今TP最初のグループショットを撮った最後には、しっかり私も入れて頂きました。やっぱり良い記念になる❤️

次のスポットは、少し離れたところにあるスーパーマーケットへ。ここのエコバッグは大人気なんですよねw 早速全員がヴェガスのあるネヴァダ州限定エコバッグを爆買いですw 素晴らしいことにお店には山のようなストックがあるらしく、いくらでも在庫が出てくる出てくるwww なので、気兼ねなく皆様10ヶ20ヶと買いバッグがバッグでパンパンにw 良いお土産になりますね。

 

お次はHard Rock Hotelへ。ここでも皆様お買い物しまくり〜❤️ なんか、仲間でワッと行って時間を区切られると、ショッピングにも勢いがついてしまうんですよねww

そしてランチタイムです。アメリカ西海岸にチェーンを持つハンバーガー屋さんは、東海岸出身者が多いエアロ関係者に大人気。西に来たら食べておけ!!が合言葉ですww ヴェガスの街の中にも同じハンバーガー屋さんはあるんですが、ここではエアロ・クルー御用達のお店へ。ボリューム満点で超美味しかったです!!

最後にドライバーさんと一緒に記念撮影をして終わり。あっという間のHalf Day=4時間ツアーでしたが、皆様お楽しみ頂けましたでしょうか?その答えが皆様の笑顔と受け止めることにします!ww

この後一旦お部屋に戻り、シャワーを浴びて着替えて、この日は希望者の皆様とトムブラジョーイVIPです。今回のヴェガス・レジデンシーでは芸能生活50周年のご祝儀相場もあり、ST&JP VIPはエアロ的には破格の高額になりました。エアロ的には、と付けたのは、KISSと比較したらまだ下だからww とはいえ、やはり30万円近くとあって、お久しぶりにトムブラジョーイVIPをご希望する方々が多く、これはこれであちらが高かったおかげw トムブラジョーイは、とても喜んで下さいました❤️

まずはミュージアム・ツアーをして、そこでグループ撮影。その後ジョーイ、それからトム&ブラッドとのM&Gです。多くのファン達の前に現れたブラッドは、私に気づいた瞬間みんなの前でまるで自慢するかのように「今日はずっと昔から継続して来てくれている人がいるね。Amy!!」と声を掛けて下さり、私も超光栄でした❤️

癌サバイバーのトムも元気そうだったし、5人のメンバーが元気に活動50周年を迎えることが出来て、本当に良かったとジワってしまいました。

 

そしてついにライヴ。オープニングは、今回のレジデンシー公演の中でも一番カッコ良い場面です❤️

…と、ライヴについてはたくさんのレビューがネット上に溢れているし、動画撮影は禁止だというのにYouTubeにはいくらでも動画が上がっているのでここでは省略しますね。にしても、週報ではTPレポを前編・後編と書くつもりでしたが、ここまででまだ二日分。どうやら前編・中編・後編と、3週に分けて書くことになりそうですwww どうぞ気長にお付き合い下さい!

そんな週の一本は、『スノー・ロワイヤル』です。

TP出発直前に観に行きました。リーアム・ニーソンならなんでも観たいクチですが、特にこの作品には期待していたんです。だって、あの真面目な人が主人公なのに、宣伝の一番上で「キレル。」ってwww え?コメディーなの、コレ?どんな内容なのか、とても楽しみにしていました。で、その期待にしっかりと応えてもらえましたよ。

最近の一連のリーアム・ニーソン作品って、あくまでも真面目な人が、真面目に犯罪者と戦うところを、真面目に作っていましたよね。そのためある意味、ところ変われどなんとなくどれも同じ感が否めないところもありました。が、今回は違います!いやリーアムはあくまでも真面目なんですよ。でもその作りが…なんか、笑えちゃうの!!www

すごく楽しい作品でした。最初の復讐が、上映開始からあまりにも早かったので少し不安になりましたが、その後も一向に飽きることなく、テンポ良く、小気味好く。

アクション物、復讐モノなのに笑える…と言っても、決してB級感はありません。むしろ、細かいところまで作りは丁寧。監督はハリウッド初登場のノルウェー人で、この『スノー・ロワイヤル』は自らのノルウェー作品のリメイクだそうです。そりゃ丁寧に作るわねw

監督が外国人だからか、ノルウェー映画を舞台をアメリカに移してのリメイクだからか、非常にアメリカを学べる部分が多かったというか、アメリカを意識して作っているのを感じました。コロラドという場所柄、貧富の差、一般市民とギャングとの対比、ネイティヴ・アメリカン(インディアンね)の立場…など。ああ、そーいえば元々私は本や映画からアメリカを学んだんだったな〜なんて思い出しました。

ちょうど4月にラスベガスへ行って、ナバホ族のことなども少し学んだこともあり、タイムリーで面白かった!もう一度観たいな❤️

…とそんなわけで、無事に帰国してもうすぐ一週間。やっと週報を書けました。周回遅れですがw 続々とTP参加の皆様からもレビューVoiceが届き始めたので、私も頑張って早く次の中編を書きますね!

最新記事