9/10-16, 2018 ついにジョー様来日!Hollywood Vampires降臨

皆様、こちらではとってもお久しぶりですww いや~もう怒涛の日々で、全く週報を書く時間が取れず終いのまま、早くも2周回遅れとなってしまいました。少しずつ追い上げていきたいと思いますので、気長にお付き合い下さいませ(^^;

まずは今から2週間前となるこの週。前半は病院通いが続き(単なる定期検診ですw)、その他会社の総務関係、経理関係の諸々事務手続きなどを片付けるツアー前準備に追われました。また、メールで同時進行していたジョー・ペリーVIPは最終詰め段階となっていましたが、最後は御一行様が日本に着いてから直接…ということになり、金曜日、つまりアサヒ・イベントの前日に都内某所で行われるVampiresのリハ現場へ行くことになりました。

それにしても、本番は『都内某所』とはいえ500組1000名様がご招待されているので、場所がバレるのは必然だと思いましたが、このリハ会場の外にも一目でファンと分かる人たちがたむろしていました。なぜ分かるんでしょ?まさに聖書の言葉通り。「求めよ。さらば与えられん」なんですね~w



ジョー・ペリーVIPではHeavyとHardという2種類があり、そのどちらにも直筆サイン写真のプレゼントがある為、この日はその写真を大阪分、東京分と持ち込んで、移動の時・ホテルで寝る前など、とにかく時間のある時に書いてもらうよう頼むのも重要なミッションでした。

その昔、ウィットニー・ヒューストンの仕事をしていた時、彼女が出演した映画のプロモーションを日本の映画配給会社としたことがありました。その時に、「抽選でラッキーな1名様にウィットニーのサイン入り映画のシナリオをプレゼント」という企画がありサインの手配をしたのですが…その時に映画配給会社の宣伝の人が、「えっ?音楽業界って本当に本人からサインをもらうんですか?」と驚いていました!えっ?驚くのはこっちですよ。「映画業界って違うんですか?」と尋ねると、「だって本人は忙しいじゃないですか。日本に出回っているジャッキー・チェンのサインなんて、ほとんど僕が書いていますよw」ですって(爆)。

いやはや、もう20年は昔のことなので、今は違うかもしれませんけどね。とにかくその時に、音楽業界って結構真面目なんだなwなんて思ったものでした。皆様、VIPでお配りしているサインは、100%ご本人から頂いているホンモノですからね!!www

この日は翌日のHollywood Vampiresのリハーサルです。なのでブラッドはおらず、ジョニーとアリスがいました。きゃ~❤️ でもでも私は仕事で行っていたので、写真も撮らず、時々通り過ぎる彼らをチラ見するのみ。いや、チラ見はしますよww でもミーグリはしたことあるからい~もん!ww

リハは殊の外順調で、予定よりかなり早く終わりました。今年もしっかりとツアーした賜物でしょうね。本番の前日になって慌てるなんてことがあったら大変だしww

私も無事に写真を渡し、VIPの打ち合わせも出来て、結局受付時間が繰り下がったのは参加された皆様ご存知の通り。あとは当日実施するばかりの状態となったところで、「Amyの名字はなんだ?スペルは?」と聞かれ、「マツモトです。MATSUMOTO」と答えたら、他の人から「良かったじゃん!」「え?何が?」「明日観れることになったね!」「え?ウソ!ホント?」…ということで、急遽翌日のアサヒ・スーパードライ・イベントに入れて頂けることとなったのでした。ありがとうございます~❤️



このイベントの主催は別のイベンターさんが主催していたのですが、すぐ翌日からジョー・ペリー&フレンズ・ジャパン・ツアー(とは言ってもわずか2公演ですがw)が始まるので、そちらの主催U社さんのツアマネ氏と行ってきました。こちらも都内某所。中見てびっくりだったのは、この会場では初めてフロアに椅子が並んでいたことでしたww

ご存知の通り、今回のライヴはアサヒビールのイベントで、あくまでもCM出演しているジョニー・デップをナマで見ることが出来ますよ、というものでした。だから告知でもHollywood Vampiresの名前は小さいww が、自分一人で来てイベントするのではなく、あくまでもバンドとしてならOKと返答したジョニーのロックへの愛情というか、バンドへの愛情が感じられて嬉しいですよね~❤️ こうしてついに、Hollywood Vampires日本公演が実現したのでした。

頭の3邦楽アーティストが終わり、ついにVampiresの出番というとき、MCが登場し、「今から配りますので皆で乾杯しましょう!アルコール飲めない方はノンアルもありますよ」とのこと。えっ?❤️と一瞬ときめいたけど、やっぱり関係者は頂けませんでしたww スミマセン!観せて頂けるだけで、十分幸せですww



またさらに嬉しかったことは…終わったことだから書いても問題ないでしょう(^^; 私が事前に聞いていた当日のスケジュールは、こんな感じでした。そう、つまりVampiresは1時間セットということで、あ~いつもより短いのね…と、少し残念に思っていました。それでもまあ見ることが出来るだけ良しでしたが。

KOH Shibasaki: 6:00 - 6:20PM
Ayaka: 6:40 - 7:00PM
Mika Nakashima: 7:20 - 7:40PM
VAMPIRES SHOWTIME: 8:00 - 9:00PM

やがて15分押しほどでVampiresが始まると…結局90分のフルセット!21:00終わりの予定が、終わってみたらもう21:45になっているじゃないですか。

ジョニーがヴォーカルをとるボウイのカバー『Hero』あり、今年のVampiresで知って私の一番のお気に入りになったジム・キャロルの『People Who Died』もあり、結局は今年ドイツで観たVampiresのセットそのもの。その後セットリストをもらうと、なんだ~w 勢いでやっちゃった~とかじゃなくて、始めからフルセットやる気マンマンだったんですねwww



結果から言うと、ジョニーは東京のジョーライヴに来てくれたし、他のVampiresメンバーはジョー&フレンズ兼任だったので、この日だけだったのはアリスとトミー。ともあれ思いがけず貴重なライヴを魅せて頂きました❤️



その翌日日曜日は、なんと20:00から都内でイル・ディーヴォのプロミ(プロダクション・ミーティング)でした。忙しいとは言っても、昼間は友人と過ごして初めての楽しいランチをしました。自分のテーブルで自分で好きなものを揚げるんです!また行きたいな~!!



プロミはもう待たされまくり。だいたいVIPなんて、仮に無くてもライヴ実施自体にはなんの関係もないので、ミーティングで一番最後になるのは覚悟しています。が、この日は肝心のミーティング相手となるDivoのマネージャー氏が全然来ないっ!しかも私は翌日大阪で朝早いので、21:30まで待って「もう帰っちゃう?」なんて思って立ち上がったところで、マネ氏登場(^^; ひゃ~、良かったw で、無事に打ち合わせも出来て、22:30頃トボトボ歩いて駅に向かう途中、綺麗な東京タワーを撮影する人々に遭遇。確かに綺麗だけど、私も東京タワー好きだけど、皆さん明日は月曜だと言うのにまぁ…と思ったら、おおっ!世間は明日お休みですねww



いやあ早くもお疲れ感満載の日曜日の夜でした。でも明日からが本番!月曜以降はまた次回にね。

そんな週の一本は、『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』です。



今になると、そーいえばそんな映画観たな~と遠い思い出のようですが…w とても楽しかったです。最初は過去と現在が入り乱れる映像に戸惑ったし、過去と現在で別俳優を使っているので、どれが誰?的に悩んでいるうちにお話がどんどん進んでしまい、後半になってやっと「あ~なる」www

まあとにかくABBAの楽曲を繋げるミッションがあるので、ストーリーはそこそこ無理やり感が否めません。そもそもストーリーを気にしたらダメな作品ですよね。とにかく豪華俳優陣を楽しみ、ABBAの楽曲を楽しみ、エーゲ海の美しい景色を楽しみましょうww

シェールのラスボス感が半端ないったら!来年エアロスミスがついにラスヴェガスでレジデンシー公演をすると言うことで、ちょっと現在のレジデンシーを調べたら、シェールって今でもやっているんですね。スティーヴン・タイラーの70歳もスゴイんだけど、シェールの72歳ってもうなんなんでしょう?歌も結構迫力ありました。ちょっと国籍を超えて美輪明宏さん的な感じww

私の愛する『ゴッド・ファーザー3』『アンタッチャブル』のアンディ・ガルシアはなんかフツーにおじいさんになっていて、残念と言うよりはその自然さにわりと安心しました。ピアース・ブロスナンも自然に老けていて良い感じ。今回メリル・ストリープは最後にほんの少しだけの出演でしたが、彼女の若い頃を演じたリリー・ジェームズが可愛かったです!主人公のアマンダ・サイフリッドを完全に食っていましたね。リリーはアマンダの親の若い頃役だったので、同時出演がなかったのが幸いでしたw

でも私が一番感動したのは、やはりABBAの楽曲。正直言って、私はABBAのアルバムは1枚も持っていません。それでも、映画の中の曲はほぼ全部知っているし、半分以上一部とはいえ一緒に歌える=歌詞まで知っているのです。この浸透力こそが、ヒット曲のパワーですね。

…とゆーことで、いよいよ次回はジョー・ペリー&フレンズ公演の週を書きます。まだまだ周回遅れが縮まりませんが、どうぞお許しを!今週はイル・ディーヴォで大阪と広島に行ってきま~す!

最新記事