9/24-30, 2018 Il Divo Japan VIPプラチナと『クワイエット・プレイス』

いや〜もぉ全然3周回遅れが巻けません!前週は、月・火がジョー・ペリー、火・水・木・金・日とイル・ディーヴォでしたが、週報的にはジョー様だけで目一杯でしたので、この週は本当はディーヴォ大阪と広島ですが、一緒にして、そーだ!東京と大阪のみのVIPプラチナについて書こう!と思い立ちましたw VIPの皆様には珍しくないけれど、一般の方々にはわりとレアな、昼間の風景ですw Il Divoの場合、サウンドチェック・パーティーとミート&グリートの『VIPプラチナ』は、連チャン公演会場でしか実施出来ません。なぜなら、その会場における初日は、本気のサウンドチェックがあるからです。すると、VIPのサウンドチェックパーティーを実施する時間が取れないんですね。 じゃあジョーみたいに、本気のサウンドチェックを公開しちゃえば良いのに!と思うのは、ロックファンならではの考えなのでしょうね(^^; そこはやはりディーヴォはしっかり見せたい&魅せたい…のでしょう。 そーいえばジョー様も、初日の大阪では「前から5列目以降から見て」と、サウンドチェックの時は近くまでファンを来させませんでした。最初は「メイクしていないから?」と思いましたが、Q&Aでは「近くまで来て良いよ」だったので、どうやら、ファンが視野に入ると集中してサウンドチェック出来ないから?と思ったのでした。 が、東京では最初から近くで見てOK。さては、大阪では遠ざけたけど、Q&A近くでやって楽しかったし、今日はもういいや、とでも思ったのかな?と。VIPのみならず珍しいことをするとやりながら改良していくので、後の方が良くなることってありますよね。だから、数回VIPがあるなら、なるべく後半で参加した方が有利か?なんて思いきや、初日ではOKだったけど、後半でNGとなることも多く、そこはなんともいえないんですよね。だから、好きなアーティストだったら、前半と後半両方参加するのがベストですw …と、話が逸れましたが、イルディーヴォ。今回は東京4連チャン、大阪3連チャンだったので、東京はプラチナ3回、大阪は2回実施出来たというわけです。私個人としては、ディーヴォの初日がジョー様と重なっていて、でもジョー様が先約だったので、ディーヴォ初日はM&G(M&Gはこれでミート&グリートと読んでね。エムアンドジーなんて、チョコレートみたいwwww)だけで内心ホッとしておりました(^^; ガラガラの武道館で、完全貸切ライヴって、ホント凄いことですよね! こちら二日目。 こちら東京最終日。何度見ても良い光景です〜❤️ VIPってホント、素晴らしいな!!www そしてこちらは、やっと表題の週になりましたw 大阪オリックスシアター。武道館に比べるとステージが低いので、グッと身近な感じですね。あるVIPレディが振り振りしていたヒカリモノをデイヴィッドが「それ、貸して!」なんて言って、レデイから受け取ってウキウキとずっと振りながら歌っていましたww 見えますか?アップはこちら。 そして大阪最終日。2018イルディーヴォ・ジャパンツアーVIPプラチナの最終日でもあります。 あ〜、こうして見ると、全部良い感じ❤️ 貸切状態でライヴを堪能出来るのはもちろん素晴らしいですが、ステージ上の彼らと客席のVIPの皆様とで、視線はもちろん、実際に言葉のやり取りまで出来るのがサウンドチェックパーティーの楽しいところですよね。 また、本公演でもかなりMCが楽しいディーヴォ。そんな彼らなので、VIPというインティメイトな雰囲気ではなおさらQ&A時のおしゃべりが楽しいものです。あ〜、覚えているかな〜?(^^; 東京のプラチナ初日からそれぞれ5日間のQ&Aを、少しだけ記憶を辿って再現して見ますね。 まず9/19プラチナ初日。第一問が「世界中をツアーして、時差や寒暖差をどのように克服していますか?」には、全員がそれぞれすかさず「ノ〜!克服していないよ〜」(苦笑)可哀想に。ですよね。つい3日前までトルコでしたっけ?そりゃあ大変でしょう。でも、やっぱりアーティストとして、今この年代が一番の働きどきですもんね。 そして、「若かった頃は、今の成功(サクセス)を想像していましたか?」には、カルロスがすぐに「えっ?サク・セックス?」私「いえ、サクセスです」カルロス「えっ?サク・セックス?」(爆)もぉ〜!からかわないで下さい!!wwww そんなカルロスでしたが、9/20プラチナ2日目「カルロスはオペラを歌わないんですか?」という質問には、「オペラは好きだけど、歌いこなすには数カ月は練習をしなくてはならない。僕には今その時間は取れないし、こうして忙しくツアーして回ることを犠牲にしてまでオペラの練習をしようとは思えないんだ」なんて、とても真面目に答えてくれました。 9/21東京最後のプラチナでは、ウルスへ「何台オートバイを持っていますか?」というシンプルな質問に、ウルス様しばし沈黙。どうやら必死で頭の中で数えていたようです。やがてその答えは…「50台くらいかな〜??」え〜〜〜!!!と、思わず声をあげるレディース。私も声出ましたよw さらに「そのうち、自分で組み立てたのは何台か?って訊いてあげてよ」とセブ。そこでそうたずねると、「17〜8台かな!」ですって。ウルス様、本当にバイク愛が大きいんですね!!! さらに「世界中を旅していますが、必ずどこにでも持っていくものを教えて下さい」という質問には、カルロス、セブ、デイヴィッドとそれぞれ枕などの「物」を答えたあとにウルスは「妻だよ」とニヤッ。思わずキャ〜❤️という声も出ていましたww 9/27大阪プラチナ初日では、「私はフラメンコが好きです。皆さんは特に好きなワールドダンスはありますか?あれば何ですか?」という質問に、意外にもセブがすかさず「タンゴ!!」ほぉ〜、そーですか。するとカルロスは「タンゴも好きだけど、サルサも好き」と、なるほど〜なお答え。ウルスとデイヴィッドは答えなかったので特にないのかもしれないけれど、ウルスは奥様が踊れば何でも良いんでしょうねww デイヴィドに、「ウッドストックではどんなことをエンジョイしていますか?」と尋ねると、「この3人がいないことだよ!」と笑いながらのお答え。えっ?と一瞬焦った私にセブがすかさず「大丈夫。僕たち分かっているから。訳していいよw」とフォローしてくれました。デイヴィッド曰く「空気が綺麗で、様々な野生の動物もいて、たとえ短い時間でも心からリラックス出来る大切な場所なんだ」ですって。 カルロスの香水を尋ねたら一言。「シャネルのエゴイスト」ですって。オムでしょうねw そして9/28ついに今回のツアーでのプラチナ最終日。「カルロスとセブのソロコンサートを楽しみました。デイヴィッドやウルスも予定ありますか?」という、私も知りたかった質問には、あれ?デイヴィッドはなんて言ってたかな?ウルスは全然やる気ないみたいでしたねww そして「雑誌のインタビューでセブが話していたのですが、今回のアルバム『タイムレス』には12曲用意していたのに、最終的に10曲になったのはなぜですか?」という質問には…「え?12曲だって?そんなこと言ったかな〜??だって、僕たちはそれぞれがアルバムに入れたい曲の候補を最初は20曲ずつくらい、いやそれ以上持ち寄るんだよ。合わせて100曲近くあるところから、だんだん絞っていくんだ。だからその過程で落ちていく曲はいっぱいあるよ。あ、でも今回の落ちた候補の中にエルトン・ジョンの曲もあった。すごく入れたいなと思ったんだけど、気づけば80年代のポップスには良い曲がすごく沢山あるので、そのうちに80年代ポップスを集めたアルバムを作れたらいいなと思っているよ」ですって。それは楽しみですね! …という感じで、記憶に残っている範囲でVIPプラチナのQ&Aをピックアップしてみました。は〜、取り敢えずは全日、全メンバーのそれぞれのお答えを覚えてて良かったです(^^; こうして無事にプラチナが終了し、残るはゴールドのみとなった土曜日の広島VIP。今回の全11公演中一番VIP参加者が少ないところでしたが、一番男性参加が多かった(!)という広島です。そしてVIPクラブのダームマンさん、Shokoさん、お二人ともロック部だけではなく、今後はディーヴォ部にも、ダブル登録させて頂きますね〜❤️ 広島の土曜日のあと日曜日はオフ。月曜日に福岡…という行程でしたが、ここで超大型台風が来たんですよね。機材運搬が間に合わないからと公演がキャンセルになったアーティストもいたようだし、東京のX Japanもキャンセルになってしまっていましたが、デイーヴォはラッキーでしたよね!問題なく土曜日に広島公演をして、翌日のオフに台風が通り過ぎて、月曜日の福岡も全く問題ありませんでした。私も全く予定通りに移動出来て良かったですw とゆーことで、福岡以降は次回です。今週こそ、週報巻けるよう頑張りますよ!!!!! そんな大阪にいた週の一本は『クワイエット・プレイス』です。ナンバで観ました。 えっと〜、とにかくわけが分かりませんww 何なの?一体?…ってことは考えちゃいけないんでしょうね。でも、例えばゴジラの放射能とか、エイリアンの宇宙とか、取り敢えずなぜそうなったかを作品の中で教えて欲しいと思うのは私だけ? だいたいアメリカ人って深く考えないから、こーゆー映画が超ヒットするんだろうな〜(爆)。と、ついつい愚痴ってしまいましたが…ww この作品の面白さは、ある意味観客一体型で、いつの間にか観ているこちらも息を潜めてしまうのです。いやもう全く何も食べれないですよwww 絶対に音を出せない雰囲気にシアターが支配されてしまうのです。それが特に観ながら自由に音や声を出すアメリカ人(おしゃべりするという意味ではないけど、わーとかきゃーとか、とにかく彼らは声を出すww)には特に新鮮で面白かったんだろうな〜ww 私もたまに周囲のおばちゃんのコソコソ声とか、ビニール袋のゴソゴソ音とか、結構気になってしまう方だったので、この作品では自分の驚いた時の「ひっ!!」という息?声?にもヤバっ!と思いましたww いやもうドキドキしたwww だからストーリーは追求せずに、絶対に声・音を出したらヤバイ映画を楽しむ…という気持ちで挑んだら、非常に楽しめると思いますw  いやそれにしても、意味わかりませんでしたwww 8月からず〜っとバタバタしていて、「私の9月はどこ行った??」状態でしたが、ようやく出口が見えてきたこの頃です。もうすぐハロウィーン。何はともあれ、元気に誕生日を迎えられそうなのは有難いことです。私は親友を二人亡くしたので、自分の分も入れて3人分美味しいもの食べ(それはダメ!!ww)、3人分旅をして、3人分楽しい人生を送らなきゃいけないんですからねww それでは皆様、次回分は必ず今週中に書きます!巻き巻きで頑張りますよ〜!!!

最新記事