1/14-27, 2019 モロッコ!!!と、『ヴィクトリア女王 最後の秘密』

10年ほど前からか、毎年冬はプライベートな旅をする季節になっています。仕事がスローな時期で、夏ほどどこも混んでいないので、私には最適!何と言っても暑いのが苦手だしw で、今年はエジプトに続いて二度目のアフリカ大陸、モロッコに行ってきました。なぜモロッコか…は、この古代ローマ遺跡に行きたかったから。ヴォルビリス=世界遺産です。最盛期はここに約2万人が住んでいたそうです。

古代ローマの属州だったモロッコは、三世紀初めの西暦212年にカラカラ帝が属州税を廃止した『アントニヌス勅令』を発布したことを大喜びして、この街の中心にカラカラ帝へ捧げる『カラカラ帝の凱旋門』を建造しました。それがこれ。ちゃんと残っていました。さすがローマ・コンクリートは素晴らしいな〜。

そんなモロッコが大喜びした3世紀アントニヌス勅令でしたが、そこからのローマは緩やかに破滅に進んで行き、結局5世紀には滅亡してしまいます。そしてそれからおよそ1600年を経た今のモロッコには、電気はあるしインターネットもあるけれど、2000年前のここヴォルビリスに実在した豊かな暮らしを享受している人々がどれほどいるだろうか…。

上下水道が完備し、日々暑いお風呂に入る快適な暮らし。現在のモロッコでは、当然のように水道の水は飲めません…。

そんなことを考えながらの遺跡歩きはとても楽しいものでした。これでバケット・リストの項目が一つチェックされたしね。で、目的を果たしてしまったモロッコで、他は何があるんだろ?という感じでしたが、あまり期待していなかっただけに、結果的にかなり楽しい旅となりました。

まずは青の町シャウエン。カレンダーか何かで見たことのある景色見っけ〜!

決してこの一角だけでもなく、町全体が普通に青くなっていて、とても素敵です。ただの田舎町なんですが、それがまた良いんですよね。このアイデアで今では観光客が殺到しているという…なかなかの町活性化対策ではないかしら。迷路のような旧市街をブラブラ歩きするだけで、時間を忘れてしまうほど楽しいものでした。
次に別の世界遺産であるフェズの旧市街も良かったです!ヨーロッパなど大体どこでも『旧市街』というだけで、ときめくものですが、モロッコの旧市街はエジプトやトルコと同じアラビア文化に、スペインやフランスのヨーロッパ文化(文化というより、ヨーロッパ中世の雰囲気)が混ざっているので、独特のエキゾチックな雰囲気がありました❤️

ごちゃごちゃ〜っとした旧市街の奥深くまで進むと、『タンネリ』という、中世以来全く変わらぬ製法での皮なめし場があり、壮観でした。ここ、夏に行ったら強烈な悪臭だったと思いますwww 冬で良かったw

そして…かなり長時間のバス移動でアフリカの内陸に入り、ついにサハラ砂漠とご対面です。なんと、サハラ砂漠全体の面積は、アメリカ合衆国の面積(アラスカ含む)とほぼ同じだそう!こりゃ広いわ!!

早朝にホテルを出発し、途中ストップで満点の星空に大感動し(一生忘れない!❤️)、やがて砂漠の端っこに到着して、ラクダに乗り換えます。砂漠って、全然真っ平らじゃないんですね。ものすごいアップダウンが延々に連なっていて、とても歩いて動けるところではありませんでした。さすがラクダちゃん。楽だwww

ちょうど砂丘の上で夜明けを迎える算段です。やがて、砂漠の夜明け。

サポートしてくれたベルベル人と。ラクダはそんなに臭くなかったし(エジプトでは臭かった!)、頑張って早起きして行って本当に良かったです!一生の思い出❤️

…というわけで、無事にアフリカ大陸から戻ってきました。モロッコは、食べ物はあまり感動出来る物がなかったし、お土産も大した物は無かったけれど、遺跡と、旧市街と、星空と、砂漠と…実際に自分でそこに立って初めて感動出来るモノ、絶対にネット情報やヴァーチャルでは味わえないモノ=本当の旅の醍醐味…を持った素晴らしい国でした❤️


そんな週の1本は、機内エンターテインメントで『ヴィクトリア女王 最後の秘密』。

原題は『Victoria & Abdul』でしたが、ちょうど1/25から日本でも公開されるというので、邦題で書きました。原題のままだと、女王様だと分からないしねw

メリル・ストリープが小者に思えるほどの大女優、ジュディ・ディンチというだけで、観る価値がたっぷりあります。御年84ですって。この品格は、ただ年齢を重ねれば出るというわけではありませんよね。凄いな〜。

100年以上前の時代で、しかも超お堅い英国皇室にあって、一切の人種差別なくインド人に接した女王様も素敵だし、100年を経たから許されたであろう、ヴィクトリア女王を一人の年老いた女性として見る目線も優しかった。誰だっていつかは年取るんですから。って、絶対に女王になることはないけれどw

モロッコで、過去に支配してきたローマから、イスラム教、スペイン、フランス…などの影響を考えるのが面白かったのだけど、インドも英国の植民地という歴史があったんですよね。そんな関係を面白く描いていて、シリアスさの中にコミカルさもあり、なかなか面白い作品でした。ともあれ、ジュディ・ディンチ万歳!!な映画でした❤️


で、日常に戻りましたよ。1月末でAmy’s VIP Club 丸3周年を迎え、現在サイトのリニューアル中。かなりデータが重くなっていたので、サクサク気持ちよく閲覧出来るようになりますよ!もうしばらくお待ち下さい。

8日間の旅から戻り、翌週はひたすら地味に仕事していたので、今回だけ週報は2週間分まとめてしまいました。来週からまたちゃんと1週ずつに戻しますね。4年目突入のAmy’s VIP Club、今後ともどうぞよろしくお願いします!

最新記事