9/10-16, 2007 週報

ついにTP出発1週間前モードに突入。ただでさえ忙しいこういう時に限っていろいろ重なるのだが、日・月の2日間夜中まで必死に働いて一つ大きな仕事を片付けたので、週の半ばから少し落ち着いた。落ち着いたら落ち着いたで、「何か忘れている事があるんじゃないか」と不安で仕方ないのは貧乏性ゆえか。ジョーのバースデー・ライヴになる予定だったシカゴ公演が延期となり私も一瞬ドキッとしたが、大事に至らず無事ツアーは続行されており、サイト担当のスタッフが機転を働かせて投稿という形で載せてくれたので、それでホッとした方も多かったと思う。ホント、世の中便利になった。

4月から始まった2007年ワールド・ツアーも無事北米に戻り、夏休みを挟んで最後のレッグになった。そして遂に地元へ凱旋だ。時期的に野外と屋内をごちゃまぜにしている為、今回は地元公演が野外のマンスフィールドと屋内のモヒガン・サンと2回ある。ボストン周辺のヘッズは嬉しいことだろう。その内モヒガン・サンには17日出発のTPで行くわけだが、既に実施されたマンスフィールド公演へ行った友人から早速報告が来た。

どうやら同じ夜にボストン市内でジョーの息子達のバンドTABのライヴもあったそうで、ジョー・ペリーは『Stop Messin'』前のジョーMCタイムにその事に触れたそうだ。「今夜は息子たちのライヴがあるので、本当はそっちに行きたかったんだ」と。でも、「俺のハートはエアロスミスと共にあるから、今俺はここにいるのさ」だって!!「So Cool!!!」と友人は喜んでいたが・・・おいおい、仕事だからでしょ!!(笑)まったくもう、当たり前の事をなんでもカッコ良く言ってのけてしまうんだから。ジョー様、さすがです。

そんなジョー様を拝むまであと数日。STからはものもらいの真偽を確認する、という使命を与えられたので、出来る限り頑張って来ます。今月でツアーが終了し、これで当分会えないと思うと、クルー達とも名残惜しい気がする。トロントは大分冷えるようなので、厚着の準備もしなくっちゃ。ただ今日曜日の夜8時20分。これを書き終えたら、パッキング開始だ。

そんなTP前モードの週は、当然映画無し。「時間は作るもの」が持論でも、作る気にならないのだからもうしょうがない。その代わり相変わらず野球は目が離せずに困ってしまう。その昔、ダメ虎時代の9月なんて暇で良かったな〜〜(苦笑)。先週の巨人戦に続き、今週末の中日戦も又凄かった。本当にもうどの球団も選手はもちろん、監督達は皆、夜も満足に眠れず、食事もろくに喉に通らない毎日を過ごしているんだろうと思う。ただ気力のみのラストスパートの日々なのだ。まったく、安倍元(既に)総理に爪の垢を煎じて飲ませたかったよ。本当に情けない。

で、野球に戻るが、今回は虎が中日に負け越したけど、負けた初戦、あのウッズを敬遠せずに勝負して打たれた藤川は立派。誰も責めまい。打たれるかもしれないのに敬遠しないで勝負する。カラ振るかもしれないのにぶん回す。そんなアホみたいに向かって行く虎軍が大好きなのだ。まだまだ優勝はどこがするか判らないので、こうなったら選手の皆さんスミマセン、TP戻るまでこのままでいて下さい(笑)。あ〜、17日からの巨人戦また観たかったよ〜(泣)。それでは皆様、行って来ま〜す。

最新記事